『スターウォーズ・ストーリー/ローグワン』レビュー【ネタバレあり】

スターウォーズ・ストーリー/ローグワンを観てきました。

毎年のようにスターウォーズ新作が観られる喜びを打ち消すかのような、本編シリーズとはずいぶん雰囲気の違う作品にしあがっていました。

面白くないと言っているのではないので勘違いしないでください。

※注意※
この先は、ネタバレを含むレビューとなります。観賞前で、先入観なくローグワンを楽しみたい方は、ご遠慮ください。
スターウォーズ ローグワン

スターウォーズ本編シリーズのエピソード4の直前の話になります。エピソード4でR2-D2に託されたデス・スターの設計図を手に入れるまでがこの映画の内容です。

「悲しい戦争映画だ」これが観終った直後の感想です。本編ストーリでも人はたくさん死ぬし、戦争をしているのには違いないんだけど、いつものスターウォーズとは違う感想になりました。

スポンサーリンク

プライベート・ライアンを思い出す

本編シリーズでは戦争はしているものの、表現は娯楽的というかエンターテイメント色が強くなっています。しかし、ローグワンにいたっては、戦争の悲しみや無慈悲なところがリアルに描かれています。タメもなく簡単に人が死にます。ここが今までのスターウォーズと大きく違います。

本編シリーズでもたくさんの人(?)が死にます。でも、最後はハッピーエンドというか、必ず誰かが助けてくれます。エピソード5は全体としては負け戦でしたが、右腕を切断されて落下したルークはファルコン号(レイア)に救出されて平穏無事終わりました。

でも、この作品では誰も助けてくれません。

全滅です。

デス・スターの設計図がレイア姫の手に渡るので、ハッピーエンドと言えなくはありません。が、犠牲が大きすぎます。

そして、ハッピーエンドと言えるのは、この先のストーリを知っているから...

エピソード7で、生まれて初めてスターウォーズを観たという知り合い女性がいます。その人は「すごく面白かった」と興奮気味に話してくれました。もし、初めて観たスターウォーズが、このローグワンであったなら、そうはならなかったと思います。

それくらい、悲しい戦争映画です。

全滅は仕方なし?

もし、ジンが生きていたら、もしくはこの戦いの生存者がいたら、超重要人物になるわけで、エピソード4以降に登場しないのは不自然になります。

だから、「全滅にせざるを得ない」。

という話を帰宅してから奥さんにしたわけですが...

調べてみたら、ありました。予告編では設計図を手に入れたあと逃走しています。

ローグワン”オリジナル”のあらすじ!!!!間違いなくラストが大幅に変更されとるやんけ。

やはり、つじつまを合わせるために全滅となったようです。

ライトセイバー戦もなし

ジェダイが失われた時代の話なので、ジェダイの騎士は登場しません。ダース・ベーダーは登場するので、わずかながらライトセイバーのシーンはありますが...

チャンバラはありません。

スターウォーズの方程式からは外れた位置にある作品ですが、サイドストーリーとしてシリーズ全体を盛り上げる存在であるのは間違いありません。

後半の盛り上がりは最高です。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
スポンサーリンク
アドセンス(PC)