WordPressを使い始めて半年

WordPressを使い始めて半年が過ぎました。メンテナンスやバックアップなど、ようやく一通り覚えられたかなという感じです。そこで、これからWordPressを始めようと考えている人に向けて、半年間で学んだり感じたことをまとめてみようと思います。

WordPress

スポンサーリンク

トラブル

いきなりトラブルからかよ、と思うかも知れませんが一番大切なことなので。今となっては大したことだとは思いませんが、一瞬真っ青になるようなトラブルが発生しました。

『なにも表示されない』

サイトのURLを開いても、なにも表示されません。WordPressの管理画面を開くこともできません。

プラグインのアップデートを行っている最中に発生したため、なんとなくの原因は分かっていました。ただ、問題なのは管理画面が開けないため、原因と思われるプラグインを止めることができないということです。

対処方法

いくつかのプラグインを連続でアップデートしていましたが、「Slim Stat Analytics」を4.4.1から4.4.2にアップしたところで発生したと思われます。

管理画面が使えなくても、プラグインを削除する方法があります。サーバーにFTP接続して、直接フォルダを操作する方法です。

結局、FTP接続して問題のプラグインをフォルダごと削除することで復旧できました。その時のTwitterの書き込みです。

一応の解決はできたのですが、「Slim Stat Analytics」は必要なので、インストールできる方法がないか検証を続けました。

解決したあとのツイートですが、ここに至るまでに何度もプラグインを入れたり消したりしています。サイトが表示されなくなったらFTPで削除して...

このころには、サイトのバックアップの取り方も分かっていたので、落ち着いて問題解決に取り組むことができました。良い経験です。

WordPressのメリット

無料で使えて、カスタマイズができて、SEOにも強い(強くカスタマイズできる)など、数多くあげられます。「機能が足りないなぁ」と感じたら、プラグインを探せば大概のものはみつかるし。

メリットは有り余るくらいあるし、他のサイトでも十分語られているので、このくらいにしておきます。

WordPressのデメリット

「メンテナンスが必要」、これが一番のデメリットだと思います。WordPress自体のアップデートもあるし、テーマ、プラグインのアップデートもしなければなりません。

つい最近、「多くのサイトが改ざん被害にあう」という深刻な脆弱性問題がありました。WordPressのバージョンを4.7.2にアップデートしていれば問題は無かったのですが、実際のところ多くのサイトが脆弱性を突かれて改ざん被害にあっています。

導入しているプラグインが多いほど、アップデートの頻度が高くなります。トラブルのところに書いたように、プラグインで不具合が起きることもあります。

すべてWeb上で作業できるのはメリットでもあるのですが、裏を返せば手元にデータが無いとうことです。不測の事態が起きても良いように、常にバックアップには気を使わなければなりません。

WordPressはオススメなのか?

難しいところです、少なからず努力が必要なので。

たとえば、「WordPressを使いたいから教えて」と言われたときに、どう対応するかと聞かれれば「相手による」という答えになります。すべての人に無条件でオススメすることはできません。

デメリットで書いたように、安定して使うにはメンテナンスを含め努力が必要です。かといって仕事でもない限り、それを肩代わりしてあげることもできませんし。自分で調べて解決しようとする心構えの無い人にはおススメしません。

無難に「はてなブログ」を使いましょう。

最近、ホームページビルダー21を購入しましたが、メンテナンスが最小限で良いサイトも作ってみたいなぁという思いがあったからです。パソコンで作って、ftpで転送するという昔ながらの方法も案外気楽でいいんじゃないかと。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)