「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を観ました【感想】※ネタバレ注意※

STAR WARS/最後のジェダイ

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイを観てきました。

いや~楽しかった。スター・ウォーズの新作ってだけで幸せ。

手前から奥へと「遠い昔、遥か彼方の銀河系で…」といつものオープニングスクロールから、『STAR WARS』のタイトルロゴ、そしてテーマ曲。

テーマ曲が終わり曲の移り変わりとともに、星空が流れてシーンの切替。

スター・ウォーズだ!

2年ぶり本編シリーズです。否が応でも期待が高まります。

(ローグワンではこの演出が無く、本編シリーズとは違うということを明確に示しています。)

スポンサーリンク

ストーリー概要

ストーリーの全体像は「レイア姫率いるレジスタンスがファースト・オーダーに一矢報いるものの、壊滅的な打撃を受け命からがら逃げる」といったところ。

ファースト・オーダーの最高指導者スノークはカイロ・レンの反逆により殺害される。しかしカイロ・レンはレジスタンスに寝返ったわけではなく、ファースト・オーダーの新しい最高指導者となりルーク・スカイウォーカーと対峙する。

レイはルークに出会い更なるフォースに目覚める。

レイはカイロ・レン(ベン・ソロ)を闇から、カイロ・レンはレイを闇に、それぞれの思惑に引っ張り込もうとするが決着はつかず。

懐かしさ

随所に懐かしさとそれぞれのキャラクターへの愛があふれています。

ルークとR2-D2の掛け合い、そしてCー3POの「ルーク様」の声。(日本語吹替え版で観ました)

R2-D2がルークに復帰してもらうために、レイアの映像を見せるシーンなんて涙が出そうでした。

そしてルークを再び導くマスター・ヨーダ。

エピソード7はエピソード4のオマージュのような作品だったけど、このエピソード8もエピソード5的な要素が多いなと感じました。

ルークがヨーダのもとに修行にいったように、レイがルークのもとを訪れいていることや、最後のピンチにミレニアム・ファルコンが駆けつけるなど。

雪と塩の違いはあったけど、地上戦の景観も似ていました。

伝説のルーク・スカイウォーカー

劇中ではルークは伝説のジェダイとして扱われていますが、見ている僕たちにとっても伝説のヒーローです。

ただ、伝説と言うわりにはストーリー全般でのルークの扱いには少々不満が残ります。

ルークが身を隠す理由が必要だったことは想像できます。でもカイロ・レンの中に強大な闇を見つけ殺害しようとし、そしてそれも失敗に終わったというのは...

それでも最後ルークらしく戦ってくれたのは良かったです。ライトセーバーを握るルークは年老いてもカッコいいです。

良くも悪くも3部作の真ん中の作品

エピソード5と同じように、基本的に負け戦の展開です。3部作の真ん中の作品だと、そうならざる負えないのかもしれません。

ピンチに陥って最終話で大団円にならないとね。

いささか疑問に思うこともあるけれど、すべてを肯定的にとらえて楽しむことにしています。

レイアもフォースが覚醒していた、ルークが消える理由など...

旧3部作を観ていないと分からないネタもあるので、エピソード4~6は見ておいた方が良いです。もちろんエピソード7もね。

懐かしさも作品の面白さの重要なファクターなので、ぜひ全編通してお楽しみください。

苦言も呈しましたが、最後のジェダイは宇宙戦闘シーンも多くて迫力があるので、純粋なSF映画としても楽しめます。

早くDVD化されないかな。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)