写真の下にEXIF情報を表示する

フォトヨドバシの作例を見ているときに思った。写真にExif情報を載せたら「カッコイイ!」と。

Exifって言うのはデジカメ写真に付いている、撮影時のカメラの状態を記録したものです。僕が画像ビューアとして使わせてもらっているXnViewでも見ることができます。

Exifを調べる方法はあるので、一件ずつコピペしていけばフォトヨドバシのように、画像と一緒にExifを載せることもできますが…

スポンサーリンク

Exif載せると作品っぽく見えない?

PowerShot S120で撮影したモネの池の鯉

Canon PowerShot S120 17.44mm(80.49mm) 1/400 F4.5 ISO125

そう思ってこんな感じで↑Exifを載せるようにしています。フォトヨドバシでは画像に書き込んであるけど、そこまでは必要ないのでキャプションに入れるようにしてます。

フォトヨドバシはこちら

ちょっと作品っぽく見えてカッコいいから「俺も載せるぜ!」と、始めたのは良かったんだけど、Exifを1項目ずつコピペして書き出すのは非常にめんどくさい

楽をするためなら労を惜しまず…

Exifは扱いが難しいな。お世話になっているXnViewとか、ちゃんとExif表示されててすごいな。

まあ、それでも楽をするためには何とかしないと!

ってことで、なんとか作りました。
Exifの必要な項目だけをクリップボードにコピーしてくれるアプリ。

題して「Exifピックアップコピー
ひょっとしたら、誰か既に作っているかも。

Exifピックアップコピーのウィンドウ

たったこれだけのもの。

これにデジカメ画像をドラッグ&ドロップすると

Exifピックアップコピーのウィンドウ Exif表示

なんということでしょう。
普通に画像とExifが表示されています。

でも、目的は表示することじゃないんです。

コピペ(右クリックしてコピー)
Canon PowerShot S120 17.44mm(80.49mm) 1/400 F4.5 ISO125

表示するのと同時にクリップボードにExifをかき込むようにしています。

あとはクリップボードの内容をブログに貼り付けてやるだけでいいんです。
次のように、必要な項目だけになるように編集しています。

メーカー、カメラの機種、レンズの焦点距離、シャッタースピード、F値、ISO感度

ドラッグ&ドロップして貼り付けるだけ。
ものすごく楽になりました。

いつもなら、需要があろうが無かろうがアプリを公開していたんだけど、これに関しては完成度が低すぎて無理です。メーカーノートも扱えないし。

現状は、自分が持っている(持っていた)カメラのみ対応といった感じ。
汎用のExifビューア作ってる人ってすごい

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)