Google Play Musicは無料でもびっくりするくらい素敵

最近音楽を聴くのはだいたい車の中。スマホで聴いている人も多いだろうけど、僕は車通勤なのでやはり車で聴くことが中心となります。

音楽を取り巻く環境と言えば、ものくごく便利になったよね。SDカード1枚に数万曲が入ってしまうんだから。

カーオーディオも今ではカーナビのおまけみたいな感じで、MP3を突っ込んでおけばエンドレスで再生してくれるという。

スポンサーリンク

MP3(AAC)の管理どうしてますか?

車以外で音楽を聴くことがほとんどないので、CDをMP3に変換するためだけにiTunesを利用しています。変換したいだけなのでどんなアプリでも構わないんだけど、適当にCD取り込んでおけばそれなりに整頓管理してくれるのでiTunesを使うって感じ。

ただし、iTunesを「使いやすいな」って思ったことは無いです。

MDをパソコンに取り込んでMP3化した

CDからの変換ならiTunesがデータベースから曲名などを引っ張ってきてくれるので、勝手にタグに情報が書き込まれます。

一方、MDはCDと違って直接パソコンに読み込めません。そのためMDプレーヤーで再生しつつ、USBデジタルオーディオユニットで取り込むという手順が必要になります。

この話は別に書いてあります

要は、録音しているのと同じ状況のため、曲の情報は一切得ることができません。結果、タグの入っていないMP3が大量にできてしまうということになります。

タグの入力と管理を楽にしたい

一曲ずつ曲名を調べながら入力しなければならないのか?

MDにラベルが付いているものならまだしも、何も書いていないものが多数あります。しかも、セントギガをエアチェックしたものなので、アーティストごとにすらなっていません。

これは辛いですね。

救世主Google Play Music現る

ツイッターのTLに「Google Play Musicには50000曲アップできる」と流れてきました。

「どうせ有料だろう」と思いつつもググってみたらなんと無料。

無料なら試せとばかりに、手持ちのMP3をすべてアップしてみました。この手順も簡単で専用アプリのMusic Managerをインストールしたら、iTunesのフォルダ内のMP3を自動的にアップロードしてくれるようになります。(今後追加したものも自動でアップされます)

アップロードしたMP3の曲情報を眺めたいたら、あることに気付きました。

手持ちのMP3は192kbpsなのに、Google Play Music上には320kbpsと表示されているのです。

Googleの音源に置き換えられてる?

これはもしやと思って調べてみるとありました。

求めていたのは、まさしくこれです。

Google Play Musicで曲名自動判定

実際にアップロードした曲の情報を見てみましょう。(MDからMP3化したファイルなのでタグは書き込まれていません)

Google Plya Musicにアップロードした曲の情報

タイトルの欄に書かれている「music-96-1001_1471…mp3」というのは、MDを取り込んだ時についたファイル名です。

画像をよく見ていただくと、それぞれの項目の下に「おすすめ」と書いてあるのが分かるかと思います。ここをクリックするとおすすめの内容をその項目に書き込むことができます。

つまり、クリックするだけで曲名、その他の情報を書き込むことができるのです。

おまけにビットレートも320kbpsになっています。

MP3をアップしただけでここまでやってくれるのです。しかも無料で。

もちろん自動判定できないものもあります。音源が悪いか、Google Play Musicに登録されていない曲なのでしょう。

管理もGoogle Play Musicにおまかせ

iTunesに少なからず不満があったので、とりあえず手持ちのMP3をすべてアップしています。

Google Plya Musicの音楽ライブラリ アーティスト別

アーティスト別やアルバム別など一般的な分類ではあるものの、動作が非常に早いため使い勝手が良いです。

パソコンとブラウザがあればどこでも聴くことができます。家のPCでアップロードして会社のPCで再生ということも簡単です。再生するだけなら端末台数としてカウントされないので気軽に利用できるのも良いところです。

今後は家にあるCDを片っ端からアップしてみての、使い勝手を検証してみたいと思っています。また、スマホでも使ってみようと思います。

Google Play Musicの無料でもすごいところ
・50000曲までアップロードできる。
・曲を自動で判別する。
・動作が早く、分類や並べ替えにストレスが無い。
・最大10台の端末で利用できる。
(アップ、ダウンロードすると使用中の端末として追加される)
人によってはちょっとした欠点
・無料使用でもクレジットカードの登録が必要。
・音量レベルがまちまちになる。

試すだけなら無料なので、ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)