格安SIMで毎月の携帯料金が安くなるのは分かった!でも、どのMVNOを選んだらいいの?

奥さんのガラケーをスマホ化するために、格安SIMについて調べました。料金的にお得感が高いこと、利用者の評判が良いことを考慮してピックアップしてみました。

楽天モバイル

スマホの購入も考えているならお得度No.1

キャンペーンにあわせて賢くスマホを購入しよう。ベーシックプランは月額1,250円と安いけど、通信速度が最大200kbpsに制限されているので注意が必要です。3GB以上の通信を使う方におススメします。

月額基本料(税別)

データ容量(プラン) ベーシック 3.1GB 5GB 10GB 20GB 30GB
データSIM料金 525円 900円 1,450円 2,260円 4,050円 5,450円
通話SIM料金 1,250円 1,600円 2,150円 2,960円 4,750円 6,150円

※ベーシックプランの通信速度は最大200kbps、そのほかのプランの通信速度は下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbpsとなります。

いいね 端末セットがお買い得
いいね 楽天ポイントがもらえる
いいね 楽天モバイルショップ全国展開中
いいね 5分かけ放題オプションあり

参照 楽天モバイル

イオンモバイル

音声通話+データ通信 500MBで月額料金 1,130円~

プランが豊富で使い方に合わせて無駄なく選択ができます。家族で共有できるシェアプランも充実しています。全国のイオン、200以上の店舗でサポートが受けられるのも安心です。

月額基本料(税別)

データ容量(プラン) 500MB 1GB 4GB 12GB 30GB 50GB
データSIM料金 480円 980円 1,480円 5,380円 10,300円
通話SIM料金 1,130円 1,280円 1,580円 3,280円 6,080円 10,800円
シェア(SIM 3枚) 1,780円 3,580円 6,380円 11,100円

データ容量プランは他に、2GB(シェアプラン除く),6GB,8GB,20GB,40GBが用意されています。

契約期間の縛りがないこともイオンモバイルの特徴ですが、契約後180日以内の場合はMNP転出手数料が8,000円かかります。181日以降は3,000円になります。

いいね データ通信量のプランが細分化されているので、無駄のない契約ができる
いいね シェアプランはSIMが最大5枚まで
いいね 契約期間の縛りなし
いいね イオンの店頭でサポートが受けられる(一部店舗)
いいね 5分かけ放題オプションあり

参照 イオンモバイル

LINEモバイル

LINE使い放題+音声通話+データ通信 1GBで月額利用料 1,200円~

LINEフリープランはサービス内容を考慮すると最安の部類でしょう。

月額基本料(税別)

LINEフリープラン
カウントフリー対象サービス:LINE
データ容量(プラン) 1GB
データSIM料金 500円
データSIM(SMS付)料金 620円
通話SIM料金 1,200円

コミュニケーションフリープラン
カウントフリー対象サービス:LINE、Twitter、Facebook、Instagram
データ容量(プラン) 3GB 5GB 7GB 10GB
データSIM(SMS付)料金 1,110円 1,640円 2,300円 2,640円
通話SIM料金 1,690円 2,220円 2,880円 3,220円

MUSIC+プラン
カウントフリー対象サービス:LINE MUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagram
データ容量(プラン) 3GB 5GB 7GB 10GB
データSIM(SMS付)料金 1,810円 2,140円 2,700円 2,940円
通話SIM料金 2,390円 2,720円 3,280円 3,520円

どのプランもLINEが使い放題というのが特徴的です。他MVNO業者にはマネできない強みですね。LINEフリープランの通話SIMは、1GBのデータ通信が付いていて最安の部類です。

LINEの年齢認証ができます。つまりID検索が利用できるということです。年齢認証に対応しているのはドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアのみでしたがさすが本家、MVNOで唯一年齢認証に対応しています。

参照 LINEモバイル嘉戸社長インタビュー

インタビューを読むと、やみくもに安くすることだけを考えているのではなく、ユーザーに愛されるサービスを構築しようとしていることが分かります。安くても通信速度が遅くて使い物にならなかったら意味がないですからね。安心して選べるMVNO業者といえます。

いいね 格安料金でもLINE使い放題
いいね 月額基本利用料の1%分のLINEポイントがもらえる

参照 LINEモバイル

mineo

auのスマホが使える(Aプラン) 音声通話+データ通信 500MBで月額料金 1,310円~

au回線が選べることが最大の特徴と思われがちですが、独自のおもしろいサービスも導入されています。

あまったパケットをユーザーみんなで貯めて、足りないときは使わせてもらうというサービス。繰り越し期限が切れそうなパケットを入れればいいので損した気分にはならないし、募金をしたような「ちょっといいことした感」になりますね。

参照 フリータンク

月額基本料(税別)

ドコモプラン(Dプラン)
データ容量(プラン) 500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
データSIM料金 700円 800円 900円 1,580円 2,520円
通話SIM料金 1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円

auプラン(Aプラン)
データ容量(プラン) 500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
データSIM料金 700円 800円 900円 1,580円 2,520円
通話SIM料金 1,310円 1,410円 1,510円 2,190円  3,130円

auのiPhoneを持っていて、格安SIMでも使いたいならmineoのAプランで決まりでしょう。乗り換えるときに、スマホも買い替えるならAプランにこだわる必要はありません。Dプラン(docomo回線)の方が使えるスマホが多いです。

契約期間の縛りはありませんが、12カ月以内にMNP転出する場合は、手数料が11,500円かかります。 13カ月目以降は2,000円になります。

いいね AプランでauのiPhoneが使える
いいね 契約期間の縛りなし
いいね 5分かけ放題オプションあり

参照 mineo

まとめ

格安スマホも一般的になってきつつあり、MVNO業者も選んでもらうために特徴を出してきています。LINEのヘビーユーザーなら「LINEモバイルがお得」といえるように、それぞれのライフスタイルに合わせて選びたいところです。

ゆうぱぱ家のように、家族4人で最も安く使うならイオンモバイル、auスマホを使うならmineoなどなど、じっくり選びましょう。

ゆうぱぱは、今現在「0 SIM」の音声通話プランを利用しています。通話+500MBで月額700円なので、上で紹介したどのプランよりも安いです。でも、この比較ページに載せていないのは、データ通信が遅すぎてメインの回線としては使い物にならないからです。今の状況ではオススメできません。

※当ページの価格はすべて税別です。

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます