Fire HD 10タブレットにGoogle Playストアをインストール【root化,パソコン必要なし】

Fire HD 10にインストールされたGoogle Playストア

Amazon Fire HD 10タブレット(2017)に「Google Playストア」をインストールしました。他にもdマガジン、dアニメストア、楽天Kobo、少年ジャンプ+も合わせてインストール。

Fire HD 10をroot化する必要はありません。さらにパソコンも必要ありません。

Fire HD 10にプリインストールされている「Silk ブラウザ」から必要なアプリをダウンロードしてインストールするだけです。

とても簡単で、時間がかかる作業は一切ありませんでした。

スポンサーリンク

Fire HD 10のシステムバージョン

Fire HD 10のシステムアップデートの画面

最初にシステムのバージョンを確認しておきます。基本的にシステムは最新版で運用することになると思います。

今回のPlayストアをインストールする段階では「Fire OS 5.6.0.0」でした。

インストールには以下のサイトを参考にさせていただきました。
root不要でFireタブレットでGoogle Playを動かす方法

Google PlayストアのAPK(インストーラー)のダウンロード先URLも掲載されています。

2018/07/15追記
Google未認証のAndroid端末でGoogle純正アプリが使えなくなるとのうわさがあるようです。今のところ問題なく使ていますが、現象が発生したら気付いた時点でこちらに状況を書き込みます。うわさのまま何事も無ければ良いのですが。
参考Google未認証のAndroid端末でGoogle純正アプリが使えなくなる予定

1.Silkブラウザでapkをダウンロード

Silkブラウザを起動します。

Fire タブレット Silkブラウザ

apkダウンロード先のURL『yahoo.jp/box/OueMdQ』を入力します。

https://は付けなくても大丈夫です。

SilkブラウザにURLを入力

ダウンロードサイトが開きます。

Google Playストアのダウンロードサイト

上記画像の中央辺りに見えている、

1-Google…
(1-Googleアカウントマネージャー_Ver5.1-1743759.apk)

2-Google…
(2-Google_Play開発者サービス_Ver11.7.46.apk)

3-Google…
(3-Googleサービスフレームワーク_Ver5.1-1743759.apk)

4-Google…
(4-Google_Playストア_Ver8.3.73.U-all.apk)

を順次ダウンロードします。

2.Google Playストアのapkをインストール

続けてSilkブラウザを使います。

Silkブラウザの画面左上のをタップしてメニューを表示します。

メニューが開いたら「ダウンロード」を選択します。

Silkブラウザのメニューからダウンロードを選択する

するとダウンロードしたファイルの一覧が表示されます。

Silkブラウザのダウンロードファイル一覧

これを1から4まで順にインストールしていきます。

ダウンロードをおこなった順に下になっているので、先頭の番号をよく確認して1番から間違いなくインストールしましょう。

1-Googleアカウントマネージャー_Ver…をタップすると、「インストールは制限されています」となって進めることができません。

fireタブレット インストール制限

制限を解除するために設定をタップします。

セキュリティ画面に移るので、「不明ソースからのアプリ」項目をオンにします。

fireタブレット 不明ソースからのアプリインストールを許可する

変更できたらSilkブラウザのダウンロードファイル一覧に戻ります。

再び1-Googleアカウントマネージャー_Ver…をタップします。

今度こそインストールできます。

fireタブレットにgoogleアカウントマネージャーをインストール

「インストール」の文字がグレーアウトしているときは、一旦スリープにして戻ってくると良いそうです。

今回は問題なくインストールが押せました。

これを4回繰り返します。

どうでしょう、Playストアのアイコンが現れましたでしょうか?

FireタブレットにGoogle Playストアをインストール

これでGoogle Playストアアプリのインストールが完了しました。

Playストアを起動しましょう!

3.Google Playの初期設定

ここまで来てしまえば何の問題もないと思います。

google play アカウントの追加

Googleアカウントの登録をすれば、Playストアの利用が開始されます。

インストールの参考にしたサイトには、Googleアカウントの使いまわしはしない方が良いとありましたが、Fire HD 8(にインストールしたPlayストア)で利用しているものを登録しました。

アプリによっては「すでにインストール済み」となって、HD 10にインストールできなくなる恐れもあるそうです。

気にせずアカウントを使いまわしましたが、今のところ不自由は無さそうです。

Fire HD 10タブレットにGoogle Playストア、dアニメ、楽天koboなどをインストール

4.アプリの自動更新の停止

FireタブレットにはAmazonアプリストアが存在しているため、アプリによっては「Amazonアプリストア」と「Google Playストア」で重複する場合があります。

アプリの自動更新を有効にしておくと、両ストアでバッティングする恐れが出てきます。

そこで両ストアとも自動更新を停止しておきます。

「Amazonアプリストア」は使わないものとして、アプリのアップデートは手動で「Google Playストア」からおこなうことになります。

Amazonアプリストア

アプリストアを起動して画面左上にあるをタップして、表示されたメニューから設定を選択します。

Amazonアプリストアの設定で自動更新を停止

「アプリ内課金」「自動アップデート」「アプリストアからの通知」はすべて無効に、「外部リンク」は開かないに設定変更しました。

Google Playストア

Playストアを起動して画面左上にある三をタップして、表示されたメニューから設定を選択します。

Google Playストアの設定でアプリの自動更新をしないに設定

「アプリの自動更新」をアプリを自動更新しないに設定変更しました。

まとめ

インストールは初めてでも10分ほどでできると思います。

とても簡単な作業でしたが、これでFireタブレットの利便性が格段に向上します。自己責任にはなりますが、やってよかったです。

root化はしていないので、不具合があったら初期化してしまえば良いので、それほど悩む必要もないかなと思っています。

前回「Fire HD 8」にGoogle Playストアをインストールしたときは、パソコンからUSBでファイルを転送しました。今回はパソコンを使わずSilkブラウザだけでインストールできたので、ものすごく楽でした。

この方法はFire HD 10に限らず、Fire 7,Fire HD 8でも出来るようです。ただし自己責任でお願いします。

Fire HD 8もちょうどいいサイズでおすすめです。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)