テーブル筐体の液晶モニターをLCD-AD192SEDSWに交換しました

うちのテーブル筐体は液晶モニターが搭載されているのですが、応答速度が遅く残像が目立つので交換することにしました。

交換に用いた液晶モニターはIOデータ製の『LCD-AD192SEDSW』です。

テーブル筐体で液晶モニターを使う場合、下方からの視野角が問題になりますが、LCD-AD192SEDSWはぎりぎりセーフかなというところです。

これ以外の選択肢も無いわけではありませんが、価格手的なことも含めてベターな選択だと思います。

スポンサーリンク

テーブル筐体について

三木商事 テーブル筐体 上から

三木商事よりレストアおよび液晶モニターへの交換がされたテーブル筐体を購入しました。

搭載されている液晶モニターは「EIZO FlexScan S1921」です。

この液晶モニター、視野角は申し分ないんだけど残像がねぇ。

LCD-AD192SEDSWについて

使用する液晶モニターはIOデータ製のLCD-AD192SEDSWです。

IOデータ LCD-AD192SEDSW

19インチスクエアモニターの中で、(比較的)液晶の視野角が広く、応答速度が速いものです。

分解せずにテーブル筐体の中に設置するなら黒のLCD-AD192SEDSBを選んだ方が良いでしょう。

 

画面右下に操作ボタンが付いています。

LCD-AD192SEDSWの操作ボタン

テーブル筐体に取り付けた後も、操作できるようにしておきたいです。

 

LCD-AD192SEDSWの入力端子です。

LCD-AD192SEDSWの入力端子

DVIとVGA端子があります。

必要最低限ですが用途を考えれば問題ないでしょう。

スピーカー内蔵なので音声入力端子も装備しています。

LCD-AD192SEDSWの分解

まず、スタンドを取り外します。

LCD-AD192SEDSWのスタンドの外し方

説明書に記載されている手順で簡単に外せました。

 

背面カバーを外します。

矢印の先にある四角い穴を起点にして、隙間を広げていきます。

LCD-AD192SEDSWを分解する

マイナスドライバーを突っ込んで引きはがしました。

少々破損しましたが戻すことはないので良しとします。

 

隙間を全体に広げていくと背面パネルが外れます。

LCD-AD192SEDSWを分解する

 

操作パネルのネジも外します。

LCD-AD192SEDSWを分解する

隣に見えるベゼル固定ネジも2本外します。

 

あとはベゼルを外せばOKです。

操作パネルのネジも外します。

液晶ユニットの取り出しが完了したので、テーブル筐体の作業に移ります。

テーブル筐体へ取り付け

まずはトップガラスの取り外しから始めます。

三木商事のテーブル筐体は液晶モニターが天板に固定されているので、トップガラスを外す必要があります。

 

天板角の金具を外します。

テーブル筐体のガラス天板を外す

下からのぞき込んだら、2本のネジで固定されていました。

金具は手前の2個だけ外して、後方はネジを緩めるだけにしました。

 

トップガラスを取り除きます。

テーブル筐体 ガラスなし

液晶モニター周りの黒枠はエスカッションと呼んでいいのだろうか?(名前がないと説明しにくいのでエスカッションとしておきます)

 

液晶モニターはエスカッションに固定されているので、エスカッションごと引き抜きます。

テーブル筐体液晶モニターキット

これが「テーブル筐体用 液晶モニター取り付けキット」というところでしょうか。(この形状のものを三木商事がヤフオクに出品しています)

 

裏面です。

テーブル筐体液晶モニターキット 裏面

モニターは「EIZO FlexScan S1921」です。

 

矢印のところのネジでモニターが固定されています。

テーブル筐体液晶モニターキット 金具とモニターの固定ネジの位置

 

液晶モニター固定用金具を取り外します。

テーブル筐体液晶モニターキット モニター固定金具

この金具、ネジの取り付け位置の自由度が高いです。(おかげでモニターの交換ができました)

よくできています。

 

LCD-AD192SEDSWの液晶パネルのネジ穴です。

LCD-AD192SEDSWのネジ穴

S1921と同じような位置にネジ穴がありました。

 

液晶モニターを固定するネジは、自作PC用にストックしてあったネジ(写真左)を流用しました。(ドライブ取り付け用かな?)

LCD-AD192SEDSWの液晶パネルを固定するネジ

S1921に取り付けてあったもの(写真右)は長すぎてLCD-AD192SEDSWには合いませんでした。

 

金具とエスカッションを付けてみましたが...LCD-AD192SEDSWは液晶パネルが薄いためかエスカッションとの間に隙間が目立ちます。

テーブル筐体液晶モニターキット モニターとエスカッションに隙間がある

ということで隙間を目立たなくするための措置を取ります。

 

まずは、液晶パネルの縁を黒くします。

都合の良い黒テープがないので、元の液晶モニタに貼り付けてあったテープを剥がして移植しました。

テーブル筐体液晶モニターキット モニターベゼルにテープを貼って黒くする

アセテート系の絶縁テープですかね?

簡単に手に入る黒いテープとなると、ビニールテープになりますがベタつきが出ると厄介なので使いません。

 

ついで隙間を埋めます。

ダイソーで隙間テープを買ってきました。

ダイソー クッションテープ

 

隙間テープはエスカッション側に貼り付けます。

テーブル筐体液晶モニターキット エスカッションに隙間テープを貼る

 

ふたたび金具とエスカッションを取り付けて...

テーブル筐体に設置します。

テーブル筐体液晶モニターキットをテーブル筐体に設置

振り出しに戻った感。

でも、ちゃんとモニターはLCD-AD192SEDSに変わっていますよ。

 

隙間もうまい具合に治まりました。

液晶モニターとエスカッションの隙間

 

トップガラスを戻してテストプレイ。

テーブル筐体に液晶モニター(LCD-AD192SEDSW)を取り付け

うん、いいね。

LCD-AD192SEDSの操作パネルについて

筐体内部でのモニターへの配線は以下のようになっています。(割と綺麗にできた)

テーブル筐体内のLCD-AD192SEDSWへの配線

 

操作パネルです。

LCD-AD192SEDSWの操作パネルを液晶パネル背面に固定

ショートを防ぐため操作パネルをプラスチックのパーツに固定した上で、液晶背面に両面テープで貼り付けました。

 

プラスチックパーツはベゼルを切り取ったものです。

LCD-AD192SEDSWの操作パネルを固定するためのパーツ

切り取ったものに操作パネルを上下逆にしてネジ止めしています。

まとめ

「LCD-AD192SEDS」と「EIZO FlexScan S1921」のスペック上の視野角は同等ですが、画面下方から覗き込んだ時は明らかにS1921の方が明るく見えます。

S1921は良いモニターでしたが、応答速度が20msと遅いのが残念です。

ゲームプレイ中に遅延を感じることはありませんが、いかんせん残像が出てしまいます。

多少画面が暗くなっても、残像の無いLCD-AD192SEDS(応答速度 約5ms)の方がゲームプレイには向いていると思います。

 

ゲーム
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、
いいねしてくれると嬉しいです!
ゆうぱぱをフォローする
こんな記事も読まれてます
得意なことからコツコツと

コメント

タイトルとURLをコピーしました