容量の大きなHDDから小さなSSDにWindows10を移す方法【EaseUS Todo Backup&Partition Master】

SSDに交換するPC

Windows10の起動が遅いので、HDDからSSDに交換しました。Windows10の再インストールはしたくないので、クローン作製アプリを使いました。

容量の大きなHDDから小さなSSDへの移行でしたが、「EaseUS Partition Master Free」と「EaseUS Todo Backup Free」のおかげで思い通りの結果になりました。

公式 無料のパーティション管理ソフト – EaseUS Partition Master Free

スポンサーリンク

変更前のPCの状態

2TBのHDDを以下のようにパーテーションを分けて使っています。

変更前のHDDの状態

C:203.67GB(Windows10)

D:1618.26GB(データ用)

E:39.92GB(データ用予備)

移行作業の概要

SSDを増設してWinodws10を移します。

2TBのHDDはWinodws10移行後もデータ用ドライブとして残します。

1.120GBのSSDを増設する。
2.Windows10(Cドライブ)をSSDに移す。
3.2TB HDD全体をDドライブ(データ用)に拡張する。

先にすべての作業が終了した状態をお見せしておきます。

Windows10をSSDに移行した様子

この状態にするための作業を手順をまとめていきます。

EaseUS Partition Masterのインストール

Windows10の移行作業にはEaseUS Partition Master FreeEaseUS Todo Backup Freeを使います。

まずはEaseUS Partition Masterをダウンロードしてインストールします。(Todo BackupはPartition Masterに含まれているので、別途ダウンロードする必要はありません)

ダウンロードは以下サイトからどうぞ。

公式 無料のパーティション管理ソフト – EaseUS Partition Master Free

窓の杜 「EaseUS Partition Master」パーティション編集ソフト

この記事を書いた時点でのEaseUS Partition Masterのバージョンはv12.9です。

ダウンロードができたら、実行してインストールを開始してください。

インストールは画面の指示にしたがって進めていけば問題はありませんが、インストール中に気になった点だけを記載しておきます。

インストール開始直後にライセンス購入を勧められます。今回は無料版として使うので「次へ」を押して先へ進めます。

EaseUS Partition Masterのインストール手順02

「EaseUS Todo Backup」のインストールを一緒にするかを問われます。EaseUS Todo Backupも必要なのでインストールするにチェックを入れた状態で次へ。

EaseUS Partition Masterのインストール手順05

氏名、メールアドレスの入力画面になりますが、空白のまま次へ進めればOKです。

EaseUS Partition Masterのインストール手順06

あとはインストール完了まで次々と進めてください。

EaseUS Partition Masterのインストール手順08

Partition Masterのインストール完了画面が表示されたので、「完了」ボタンを押します。すると、デスクトップ上に「EaseUS Partition Master」のアイコンが表示されました。

EaseUS Partition Master アイコン

引き続き「EaseUS Todo Backup」のインストールが開始されるのかと思っていたのですが、なにも表示されません。

??

おかしいなと思いながらも、しばらく待っていたら突然「EaseUS Todo Backup」のアイコンもデスクトップに現れました。

EaseUS Partition Masterのインストール完了

なんとなく何かが動いているなという感じはしていたものの、インストールしているのならしていると言ってほしいものです。

SSDをUSBドライブとして取付

取り付けるSSDはSAMUSUNG製です。

SAMSUNG SSD

Winodws10のコピーをするために、まずはUSB HDDケースを利用してSSDを接続します。

USB HDDケース

↓こういったケースを利用すると簡単にSSDをUSB接続できます。

接続できたらWindows10の「ディスクの管理」でSSD,HDDの状態を確認します。

SSDを増設

ディスク1がSSDです。

SSDは約120GBです。そして現在Winodws10がインストールされているCドライブは約200GBです。

コピー先のSSDよりも、コピー元のCドライブの方がサイズが大きいという状況です。普通に考えたらCドライブの内容をSSDにコピーすることはできません。

でもCドライブの状態をよく確認すると、Cドライブのボリュームサイズは203.67GBで、空き領域が170.95GBというのが上の画像から見て取れます。

ボリュームサイズの203.67GBから、空き領域の170.95GBを引くと、32.72GBとなります。

したがって、32.72GBがCドライブの使用領域ということになります。

Cドライブ全体をコピーすることはできなくても、使用領域の33GBだけなら120GBのSSDにコピーすることはできます。

そしてそれを実現するのは「EaseUS Todo Backup」です。

Winodws10のコピー

では、HDDからSSDへWinodws10をコピーします。

「EaseUS Todo Backup」を起動して「システムクローン」を選択します。

EaseUS Todo Backupシステムのクローン作製開始

システムクローンの画面が開きます。

EaseUS Todo Backup システムクローン

ソース(コピー元)は自動的にWindows10のCドライブが設定されます。

ターゲット(コピー先)を指定します。ハードディスク1と表示されていますが、これがSSDなのでチェックを入れます。

あわせて、「バックアップオプション」の確認をします。

SSDに最適化

バックアップオプションを開いて「SSDに最適」にチェックを入れます。どんな効果があるのか分かりませんが、HDDからSSDへコピーするのでチェックを入れておいたほうが良さそうです。

準備ができたら、「次へ」をクリックしてコピー開始です。

コピーが終わるまで待ちます・・・

30分ほどでコピーが完了しました。

EaseUS Todo Backup システムクローン

再び「ディスクの管理」でSSDを確認します。

「ディスクの管理」でクローンSSDを確認

未割り当てだった、ディスク1にNTFSボリュームが作られています。見かけ上はコピーができたように見えます。

SSDを起動ドライブにする

テストのためにHDDを取り外しSSDのみを接続します。(HDDのシステム領域を壊してしまうと嫌なので、念のためHDDは外しました)

起動できるかどうか分からないのでSSDは仮接続とします。

SSDを仮接続します

さあ、PCの電源を入れます

緊張の一瞬です...無事Windows10が起動しました。

Windows10が起動しました

いくつかアプリを起動してみて、問題ないことが確認できたので正式にSSDを取り付けます。2TBのHDDもセカンドドライブとして取り付けます。

Partition Masterでパーテーションの調整

SSDを起動ドライブ、HDDをセカンドドライブとして接続した状態で「ディスクの管理」を開きました。

SSD交換後の「ディスクの管理」

ディスク0はSSDで、ちゃんとCドライブとして起動していることが確認できます。

ディスク1は2TBのHDDです。Dドライブと表示されているところが、これまでWinodws10を起動していたパーテーションです。

Dドライブを含め三つのパーテーションが不要となりました。(データ用領域のFドライブも不要なので、実際には四つのパーテーション削除対象です)

「EaseUS Partition Master」を使って、不要パーテーションの削除データ用パーテーションの拡張をおこないます。

「EaseUS Partition Master」を起動します。

EaseUS Partition Master

「ディスクの管理」とよく似た画面構成です。

まずは不要なパーテーションを削除します。

削除したいパーテーションの上で右クリックします。表示されたメニューから「パーテーションを削除」を選択します。

EaseUS Partition Master パーテーションを削除

これを削除したいパーテーションの数だけ繰り返します。

不要なパーテーションを削除したので、未割り当て領域ができました。

不要パーテーションの削除後

次は、データ用パーテーションの拡張です。

サイズを変更したいパーテーションの上で右クリックします。表示されたメニューから「パーテーションサイズの調整/移動」を選択します。

EaseUS Partition Masterでパーテーションの拡張

「パーテーションサイズの調整/移動」ウィンドウが開きます。前後に空き領域があるのでパーテーションを広げます。

パーテーションを広げる

空きが無くなりました。

パーテーションを広げました

OKボタンを押します。

見かけ上はパーテーションの調整ができています。が、この段階ではパーテーションの変更は実施されていません。

EaseUS Partition Master変更を適用

EaseUS Partition Masterは「変更を適用」ボタンを押すことで、初めてパーテーションの変更が開始されます。

チェックマークのところをクリックします。

すると「変更を適用しますか?」とダイアログが表示されるので、「はい」を押します。

変更の適用の確認

今回の作業ではデータの移動やコピーが発生しなかったので、処理はすぐに終わりました。

パーテーションの拡張はこれで終わりなのですが、ひとつ気になる点が...データ用パーテーションがEドライブになっています。

ついでにドライブレターをDに変更しておきます。

ドライブレターの変更もEaseUS Partition Masterでできます。

ドライブレターを変更したいパーテーションの上で右クリックします。表示されたメニューから「ドライブレターを変更」を選択します。

EaseUS Partition Masterドライブレターを変更

ドライブレターを変更するダイアログが表示されます。新しいドライブレターで「D:」を選択して「OK」を押します。

ドライブレターを変更するダイアログボックス

これで本当にすべての作業が終了しました。

「ディスクの管理」で最終確認です。

Windows10をSSDに移行した様子

CドライブがSSD、2TBのHDD全体がDドライブになりました。

まとめ

容量の小さいSSDへの移行までできるとは思っていませんでした。無料のアプリだけでここまでできるのは驚きです。

まったくトラブルもなく、1時間程度ですべての作業を終了することができました。

重要なデータ入っていないPCだったのでバックアップすら取らずに進めてしまいましたが、ディスクを大きく触る作業なのできちんとバックアップを取ってから実施してください

HDDからSSDに交換したおかげで、起動が爆速になりました。今までが遅すぎただけかもしれませんが...

古いPCがたったこれだけのことで復活します。みんなSSDにすればいいのにって思います。

SSDも安くなったしEaseUSのような便利なツールもあるので、まだHDDだよって方にはSSDを強くおすすめしてこの回を終わります。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)