Nintendo Switch専用 Joy-Con充電グリップ 【レビュー】

Nintendo Switch専用 Joy-Con充電グリップを購入しました。

スマブラを購入してからJoy-Con&グリップをよく利用するようになったため、「簡単に充電したい」「Joy-Conのバッテリー切れに悩まされずにゲームを続けたい」という思いから購入にいたりました。

Switch本体に付属しているJoy-Conグリップと比較しながら、充電グリップの紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Joy-Con充電グリップ

Nintendo Joy-Con充電グリップ

定価:2,480円+税

公式周辺機器 | Nintendo Switch|Nintendo

Nintendo Switch専用 Joy-Con充電グリップの箱

付属品

  • Joy-Con充電グリップ本体
  • USB充電ケーブル(Type-C)

Nintendo Switch専用 Joy-Con充電グリップの付属品

Switchの充電にも利用できるType-CのUSBケーブルが付属しています。USBケーブルを単品で購入するくらいなら、充電グリップを買ってしまったほうが良いかもしれません。

Joy-Con充電グリップ画像

最初の画像は、Switch本体に付属のJoy-Conグリップとならべたものです。

Nintendo Switch専用 Joy-Con充電グリップと本体付属のJoy-Conグリップを比較

左が充電グリップで、右が本体付属品です。

形は同じですが、グリップ部分の色が違っています。充電グリップは、なぜかスケルトン仕様になっています。

これ以下は、充電グリップのみの画像になります。

Nintendo Switch専用 Joy-Con充電グリップの外観

グリップの色味がパッケージの写真と違います。実物はちょっと緑がかっているように見えます。

光を透かして見るとパッケージのような色に見えなくもないです。暗い部屋だとダークグリーンな感じです。

本体付属品には無かったUSB端子が付いています。

Nintendo Switch専用 Joy-Con充電グリップのUSB端子

Joy-Conを装着しました。

Nintendo Switch専用 Joy-Con充電グリップにJoy-Conを取り付けたところ

裏面です。

Nintendo Switch専用 Joy-Con充電グリップにJoy-Conを取り付けたところ 裏面

充電中は、オレンジのLEDが点灯します。

Nintendo Switch専用 Joy-Con充電グリップ 充電中はLEDがオレンジに点灯

Joy-Con充電グリップまとめ

任天堂の製品情報によると、Joy-Conグリップが約97gで、Joy-Con充電グリップが約106gだそうです。わずかに重くなったとは言え、まったく同じ形なので操作感に違いを感じることは無いでしょう。

Proコントローラーも持っているのですが、スマブラを買ってからJoy-Conの出番も増えました。

Joy-Conのバッテリー持続時間は、約20時間なのでそんなに頻繁に充電する必要はありません。だからと言って、充電を怠るとイザというときにバッテリー切れで遊べなくなってしまいます。

でも充電グリップがあれば、バッテリーが切れてからでも充電しながら遊べます。

Joy-Conの充電を楽にできるようにするだけなら、充電スタンドのような製品でも良いのかなとも思いました。


でもやっぱり、遊びながら充電できることが決め手になりました。 

「最悪バッテリーが切れても大丈夫」という状況になるので、充電管理がすごく楽になります。充電のたびにSwitch本体に取り付ける必要が無くなったのも良い点です。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)