フロンティア ゲーミングPC GHシリーズを購入しました【レビュー】

 

フロンティアのゲーミングPCを購入したのでレビューをしますが、この記事は「フロンティアのPCってこういうものですよ」というレビューだと思ってください。

ベンチマーク(性能評価)も少しはやりますがそこが主題ではありません。

フロンティアのPCを買おうかどうか迷っている人の助けになれば幸いです。

FRONTIER GHシリーズ(FRGH570/WS38C)

2021年10月のオータムセールにて購入しました。

購入したのはGHシリーズです。

以下は注文時の明細です。

[ ご注文製品 ]
1.FRGH570/WS38C i9-11900F/16GB/1TB NVMe SSD/RTX3080                             

【 PCケース 】 [黒色ケース]
【 OS 】 Windows(R) 10 Home 64bit版 [正規版]
【 CPU 】 インテル Core i9-11900 プロセッサー (2.50GHz [最大5.20GHz] / 8コア / 16スレッド / 16MBキャッシュ / TDP 65W)
【 CPUクーラー 】 標準CPUクーラー
【 CPUグリス 】 標準CPUグリス
【 メモリ 】 16GB(8GB×2) PC4-25600(DDR4-3200) DDR4 SDRAM
【 M.2 SSD / NVMe SSD 】 【NVMe SSD】1TB SSD
【 M.2 SSD / NVMe SSD(2枚目) 】 M.2 SSD無し
【 ハードディスク/SSD 】 ハードディスク/SSD無し
【 増設ハードディスク (2台目) 】 増設HDD無し
【 パーティション分割 】 パーティション分割 無し
【 光学ドライブ 】 光学ドライブ無し
【 グラフィック 】 NVIDIA(R) GeForce RTX(TM) 3080 10GB【HDMI2.1 x1 / DisplayPort1.4a x3】
【 マザーボード 】 【ASRock製】インテル(R) H570 チップセット搭載マザーボード
【 電源ユニット 】 850W ATX電源 80PLUS GOLD (日本製コンデンサ仕様)
【 添付品 】 Windows(R)インストールディスク(DSP版)、製品保証書、ユーザーズマニュアル、電源ケーブル
【 保証メニュー 】 1年間センドバック保証
【 PCリサイクル 】 PCリサイクル対応

価格:\264,800 × 数量:1 = 合計:\264,800
※お支払い金額は、下記の[注文金額合計]となります。
————————————————–
【お買上金額】
[商品金額] \264,800
[送料] \3,300
[手数料] \0
[注文金額合計] \268,100

ベースのモデルは「i9-11900F」ですが「i9-11900」に変更しています。

変更前の商品金額は、259,800円です。

金額は税込みです。

コロナにより半導体不足が叫ばれる中においては、安いほうだと思います。

注文の段階では、ビデオカード,SSD,メモリは型番どころかメーカー名すらわかりません。

マザーボードだけはGHシリーズの製品ページに記載されているので事前に「ASRock H570 Phantom Gaming4」だということはわかっていました。

公式 FRONTIERダイレクト

FRONTIER GHシリーズ開封

大きな段ボール箱で届きました。

FRONTIER ゲーミングPC 箱

 

開けます。

オプションを何も付けていないのでガランとしています。

FRONTIER ゲーミングPC 箱(開けたところ)

 

本体です。

緩衝材の厚みも十分で、梱包の状態は良いです。

FRONTIER ゲーミングPC 梱包状態の確認

 

FRONTIER GHシリーズ 本体画像

まずは正面と背面です。

FRONTIER ゲーミングPCの外観(正面と背面)

全身真っ黒です。

 

側面です。

こちらはガラス(アクリル板?)になっていて内部が見えるようになっています。

開封直後の写真なので、ガラスの保護シートと内部には緩衝材が残っています。

FRONTIER ゲーミングPCの外観(側面)

反対側はただの鉄板なので画像は省略します。

 

背面端子部です。

HDMIポートとディスプレイポートは、間違えて接続しないようにふさがれています。

FRONTIER ゲーミングPCの外観(背面端子部)

USB3.2、USB Type-Cポートも付いています。

 

次は内部です。

裏配線なのでスッキリしています。

FRONTIER ゲーミングPCの内部

CPUクーラーはオプションで変更できたのですが、自分で水冷にするなど後で交換すればいいやと思い標準のものを選択しています。

ですのでCPUクーラーしょぼいです。

交換は難しいことではないのですが、メーカー保証期間中はさわらない方がいいのかなと思うので1年間はこのまま我慢です。

1年我慢するくらいならCPUクーラー変更しておけばよかったかなとも思っています。

 

ケースファンは全面に2個、背面に1個付いているので必要十分かと。

電源ユニットは底面で隔離されているので、熱処理的にも問題ないと思います。

FRONTIER ゲーミングPCの内部

 

裏側です。

配線の処理も悪くないと思います。

FRONTIER ゲーミングPCの内部(裏配線)

 

ただ、余ったケーブルが底面に押し込められています。

3.5インチベイが2スロットあるのですが、1スロットは配線が邪魔して使えないかも。

FRONTIER ゲーミングPCの内部(裏配線の処理)

 

LGの液晶テレビ49NANO86JNAを接続してWindows10のセットアップをしました。

FRONTIER ゲーミングPCセットアップ

滞りなく完了しました。

 

ちなみにPC起動中はケースが光ります。

FRONTIER ゲーミングPCのLED

光るのはここだけですので、内部を光らせたいのならパーツ交換が必要です。

 

FRONTIER GHシリーズ 付属品

付属品です。

FRONTIER ゲーミングPC 付属品

FRONTIER ゲーミングPC 箱

付属品は購入するモデルによって違うようです。

ここで紹介しているモデルはセール品のため、ほぼなにも付いてきません。

でも必要なソフトウェアやドライバー,説明書はネットからダウンロードできるので困ることはないです。

初めてPCを購入する方は、キーボード,マウスは用意しておいてくださいね。

FRONTIER GHシリーズ 仕様

ということで期待半分、不安半分のなか届いたPCに使われていたパーツの詳細は以下の通りです。

フロンティア GHシリーズ(FRGH570/WS38C)
CPUIntel Core i9-11900F(2.5Gh)
メモリ16GB(8GB DDR4-3200 SDRAM x 2)
SSDIntel SSD 670P 1TB M.2 NVMe
マザーボードASRock H570 Phantom Gaming4
ビデオカードMSI GeForce RTX 3080 VENTUS 3X PLUS 10G OC LHR
ATXケースECLIPSE P360A
電源850W電源(日本製コンデンサ・80PLUS GOLD)
OSWindows10 Home

粗悪品が組み込まれているということは無かったので安心しました。

とくに可もなく不可もなくというところでしょうか。

FRONTIER GHシリーズ 初期インストールアプリ

次は初期インストールアプリについてです。

アプリの一覧を画像にしました。

フロンティア ゲーミングPCに最初からインストールされているアプリケーション

 

デスクトップ上のアイコンは以下の通りです。

DELLやHPのようなメーカーオリジナルのアプリは、ほぼインストールされていません。

僕は余計なものは入れてほしくない派なのでこれで良いと思っています。

公式 FRONTIERダイレクト

FRONTIER GHシリーズ 動作確認&ベンチマーク

既にさんざんベンチマークされてきた「Core i9-11900」と「RTX3080」なので、あらためてスコアを出したことろで大した意味はないのですがあえてやります。

なぜかと言うと、動作確認を兼ねているからです。

PCに負荷をかけて、途中で止まったりしないか、電源やファンから異音がしないかなどのチェックをします。

また、世の中に公表されているスコアと比較して、大きく劣っていることがないかもチェックします。

平均より大幅に低いスコアしか出ない場合は、なんらかの不具合を抱えている可能性があります。

ということで「CINEBENCH R23」を実施します。

Core i9-11900(電力制限あり)のCINEBENCH R23の結果

CPU(Multi Core)が『10023pts』でCPU(Single Core)が『1587pts』でした。

ネットでCore i9-11900のスコアを調べてみたら、マルチで『15000pts』くらいは出るみたい...

参考 Cinebench R23 スコア表

参考 価格.com – 『Ryzen 5800Xに近い性能』 インテル Core i9 11900 BOX のクチコミ掲示板

『10023pts』て低すぎない?

と思ったけど電力制限解除してなかった。

電力制限を解除して「CINEBENCH R23」を再実行。

Core i9-11900(電力制限解除)のCINEBENCH R23の結果

マルチが『13085pts』まで伸びました。

それでもまだ低い。

CPUクーラーがしょぼいのが原因と思われます。

でもこれくらい出ていればPCの不具合は無いと考えてよいでしょう。

 

次は3DMARK(Time Spy)です。

Core i9-11900&RTX3080 3DMARKの結果

Time Spyの総合スコアは『16031』でした。

平均を超えたのでよしとします。

不具合チェックがしたいだけなので深く考えません。

 

電力制限解除の方法もここに書いておきます。

正直よくわかっていないという事情もありますが、「Base Freguency Boost」の設定変更のみで電力制限の解除を試みようと思います。

 

PCの電源を入れた直後、画面に「FRONTIR」の文字が表示されている間に、『F2』もしくは『Delete』キーを押すとUEFIセットアップユーティリティが起動します。

UEFI画面になったら、右上の「Advanced Mode」を選択します。

ASRock H570 Phantom Gaming4 UEIF

 

①「OC Tweaker」を選択します。

②「Base Freguency Boost」の「Auto」をクリックします。

ASRock H570 Phantom Gaming4「Base Freguency Boost」

 

一番下の「125W」を選択します。(搭載しているCPUによって上限は変わるかも)

ASRock H570 Phantom Gaming4「Base Freguency Boost」

この設定だけで、CPUベンチマークの結果が改善しました。

VGAステー

おおむね満足ですが、1点だけ気になることが...

RTX3080のことなのですが。

これだけ大きなビデオカードなので、重みに耐えられず歪んでしまうのではないでしょうか。

不安のまま使うのも嫌なのでVGAステイを取り付けることにします。

マグネット式なので取り付けは簡単です。

 

FRONTIER ゲーミングPC VGAステイを取り付け

 

購入したのはこちらの製品です。

長尾製作所 VGAサポートステイSマグネット式 SS-NVGASTAY-S

長尾製作所 VGAサポートステイSマグネット式 SS-NVGASTAY-S

 

まとめ

最後に説明書のダウンロード先などをまとめておきます。

ケースの「ECLIPSE P360A」のマニュアルは入手しておくべきです。

ASRock > H570 Phantom Gaming 4(マザーボード)

MSI GeForce RTX 3080 VENTUS 3X PLUS 10G OC LHR(ビデオカード)

ECLIPSE P360A(ケース)

 

価格的には結構奮発しました。

BTOパソコンならパーツ交換も簡単なので、性能を控えめにして安く済ませることもできます。

でもビデオカードを含めてPCパーツの価格が高騰しているため、買い替えは大きな負担となります。

RTX3080が単品で15万円程度になっている現状では、思い切って買ってしまった方が結果安いのではないかと考えました。

 

全体的には満足しています。

見た目も悪くないし、使われているパーツを考えれば価格も納得です。

セール品だったのでオプションの選択に制限はあったものの必要十分でした。

公式 FRONTIERダイレクト

 

 

パソコン
この記事が気に入ったら、
いいねしてくれると嬉しいです!
ゆうぱぱをフォローする
得意なことからコツコツと

コメント

タイトルとURLをコピーしました