「Nintendo みまもり Switch」で、ゲームを遊んだ時間のチェック

『ゲームは1日1時間』と言ったのは高橋名人ですが、我が家もそんなルールになっています。でもSwitchで遊びだしたら止まらないので、どれだけの時間遊んだかチェックできるように設定しました。

スポンサーリンク

我が家のゲームルール

  • 宿題など勉強を済ませてから
  • 1日1時間まで(例外あり)
  • キッチンタイマーで時間を計測

子供がキッチンタイマーで時間を計りながら遊んでいるので基本的には自己申告です。少々オーバーしている時もあるようでが、そこはうるさく指摘しないようにしています。一応勉強を済ませてから遊んでいるので。

でも隠れて遊んでいたとしたら分からないので、ある程度チェックできる仕組みが必要になります。

また例外として、家族で遊ぶ時はこのルールは適用されません。特に奥さんが飲み会などで帰りが遅い時は夜遅くまで一緒に遊びます。

Wii U 「毎日のきろく」

Wii Uには『毎日のきろく』という、ソフトで遊んだ時間や回数を自動的に記録してくれる機能がありました。Wii Uの標準機能です。(記録するだけで遊ぶ時間の制限をかけることはできません。)

ユーザーごとに記録されるので、誰がどれだけ遊んだのか分かります。

このたびSwitchを購入したので、Wii Uと同じく「毎日のきろく」でチェックするつもりでした。

が...Switchには「毎日のきろく」がありません。

Nintendo みまもり Switch

これは困ったなぁと思っていたら、

「毎日のきろく」に代わる機能として、スマホ用に『Nintendo みまもり Switch』というアプリが用意されていました。

【みまもり Switch】で出来ること

  • ゲームのプレイ時間の把握
  • 約束の時間でゲームを自動停止
  • 年齢にあわせて遊べるゲームを制限する
  • 他人とのメッセージなどのやりとりを制限する
  • 画面写真のSNS投稿を制限する

プレイ時間の把握ができることで、ルールが守られているかどうかチェックできるとともに、子供の好みのゲームも分かるようになります。せっかく買ったゲームが遊んでもらえないのもショックなので、子供の好みに合ったゲームを選びたいものです。

「ソフトを中断する」という機能をONにすると、決められた時間でゲームプレイを止めることができます。

アプリのインストール

【みまもり Switch】はiPhone(iOS)用、Android用があります。ご利用のスマホに合わせてインストールしてください。

「Nintendo みまもり Switch」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Nintendo みまもり Switchをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。
遊びすぎを防げる!遊んだソフトが一目でわかる!お子さまのNintendo Switch™をみまもり!

ここではAndroid版を利用します。

Google Playにて『みまもり』と入力すると検索候補に「Nintendo みまもり Switch」が出てくると思うのでタップします。

スマホの設定

インストールできたらアプリを起動します。

ニンテンドーアカウントでログインします

【みまもりSwitch】を使うためにはニンテンドーアカウントが必要です。

ニンテンドーアカウントとは?
任天堂のサービスを利用する際に必要なアカウントです。Switchにニンテンドーアカウントを連携することでネット対戦やニンテンドーeショップの利用ができるようになります。

Switchでゲームを楽しんでいる場合、すでに何らかのニンテンドーアカウントを作成済みだと思います。お子さん用のアカウントしかお持ちでない場合は、みまもる人(親)用のアカウントを作成しましょう。

僕はゲーム用に作った自分のアカウントを使いました。

画面にしたがって、Switchの準備をしましょう。

次のコードをSwitchに入力します。

Nintendo Switchの設定

ここからはSwitchの操作になります。

スマホの画面にはSwitchで行う作業の手順が表示されてるので迷うことはありません。

設定を開いて「みまもり設定」を選択します。

「この本体で設定」を選択します。

事前にスマホの準備を済ませているので、「はい、持っています」を選択します。

登録コードの入力に進みます。

スマホの画面に表示されている登録コードを入力します。

登録するとスマホで設定したニンテンドーアカウントが表示されます。間違いなければ「連携する」を選択します。

連携完了!

これでスマホの【みまもり Switch】とSwitch本体の連携ができました。このあとスマホに戻ってみまもりの条件設定を行います。

スマホで条件設定

スマホの画面でも連携が確認されました。引き続き設定に入ります。

まずは、1日に遊ぶ時間です。うちのルールでは自己申告制なので、ここでは「制限しない」にしておきます。

次に制限レベルです。これは年齢により遊べるゲーム、機能を制限するものです。子供の年齢に合わせて「中学・高校生」にしました。

自由なコミュニケーションが制限されているので、もしゲームが遊びにくいようだったら制限を緩めるつもりです。

設定完了です。

今日だけアラームOFF

制限をかけている時でも「今日だけアラームOFF」で時間制限をなくすことができます。

また、この画面で表示される「暗証番号」をSwitchに入力することで、一時的に制限をオフにすることもできます。

Switchのゲームプレイ記録

アカウントごとに遊んだタイトルと時間が分かります。

これは例外の日のものです。僕の兄夫婦が来たので、スぺランカーや1-2-Switchで遊びました。

まとめ

設定するまでは、Wii Uのようにゲーム機だけで記録できないのは面倒だなと思っていました。でも実際使い始めると、スマホをチェックするだけで良いので断然便利です。

別に不正をチェックしようと思ってい画面を開くわけではないんだけど、ついつい見てしまいます。苦労してSwitchを買ったので、できたら楽しく遊んで欲しいのです。本来ゲームなんて無くても困らないものなのに「今日も遊んでくれた」なんて思ってしまうので不思議な物です。

僕も子供のころはゲームづけだったので偉そうなことは言えませんが、うまくゲームと付き合っていってほしいものです。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)