Nintendo Switch用のスタンドを購入しました【充電しながら遊ぶ】

Nintendo Switcをテーブルモードで、充電しながら遊ぶためにスタンドを購入しました。少しでも安いものをということで、Keten(ケテン)製を選んでみました。

そして安く済ませるために、USBケーブルは「Proコントローラー」付属のもの、USB充電器はApple iPad2のものを流用します。

スポンサーリンク

定番はHORIのプレイスタンド

定番のスタンドはHORI(ホリ)製の『プレイスタンド for Nintendo Switch』です。任天堂のライセンスを受けているだけあって、Switchのロゴマークが付いてます。

これでも良かったのですが機能的にはシンプルなものなので、より安いものが無いかなと探すことにしました。

Keten Nintendo Switch スタンド

そして見つけたのが『Keten Nintendo Switch スタンド』です。HORI製よりも300円ほど安くなりました。

Keten Nintendo Switch スタンドの箱

製品レビュー

組み立て前の表面です。

Keten Nintendo Switch スタンド

裏面です。4隅にゴムが付いているのでテーブルの上でも滑らず安定しています。

Keten Nintendo Switch スタンドの裏面

立てます。

Keten Nintendo Switch スタンド 立てた様子

立てた時の内側です。角度調整ができるように突起が3か所用意されています。

Keten Nintendo Switch スタンド 角度調整用突起

角度調整

Amazonの製品紹介では次のように、60°,50°,30°に変更できると記載されています。

Keten Nintendo Switch スタンドの角度

でも、実際に使ってみると60°とは思えなかったので計ってみました。分度器の関係で製品の向きが逆になってますがご了承ください。

測定結果は、70°,55°,35°となりました...

Keten Nintendo Switch スタンド 70°

Keten Nintendo Switch スタンド 55°

Keten Nintendo Switch スタンド 35°

適当すぎじゃね?

まあ、僕もテキトーに計っただけだけどね。

Switchを充電しながらプレイ

Keten Nintendo Switch スタンド設置

ドックを使わずに充電をするときは、任天堂のサイトにある次のQ&Aを読んでおきましょう。特にUSBケーブルについては注意が必要です。

【Switch】市販のモバイルバッテリーを使って、本体を充電することはできますか?

・市販のUSBケーブルで接続する場合は「56kレジスタ(抵抗)」の実装されたケーブルをご使用ください。

モバイルバッテリーが使えるということで、スマホ用のUSB充電器でも大丈夫だと判断しました。

もちろん純正のアダプターとUSBケーブルを使うのが安心です。普段ドックに挿してあるものを外してきて使うのもよいでしょう。

でも、せっかく安いスタンドを買ったのに、純正アダプターは3,000円近くしますし、ドックから外してくるのも面倒です。

そこでUSB Type-CとUSB充電アダプターを用意することにします。

Switch用USB Type-Cケーブル

上にも書いたように、56kレジスタ(抵抗)入りのUSB Type-Cが必要になります。すでに持っているのならよいのですが、新たに買おうとしたら数約円から1,000円程度はします。

そこで新規で買う場合は、USBケーブルが付属している『Joy-Con充電グリップ』を購入することをオススメします。価格は二千円を超えてしまいますが、Joy-Conの充電が楽にできるようになるし、なにより純正のUSB Type-Cケーブルが手に入ります。

Proコントローラーでも良いです。

Proコントローラー

USB充電アダプターはiPad2の付属品を使っています。2A以上の出力があるアダプターなら大丈夫そうです。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)