DIGA DMR-BZT710のリモコンが壊れたので代替え品を購入しました

DIGA リモコン N2QAYB000472

Panasonic ブルーレイレコーダー DIGA DMR-BZT710のリモコンが壊れたので買い替えました。安く済ませたかったので、古いDIGA用のものを代替えとして購入しました。

型番は「QAYB000472」で、地上アナログチューナーが搭載されていたころのDIGA用です。

本来の対応機種とは違うリモコンですが、ボタンの配置が違う程度で主要機能は問題なく使えています。

スポンサーリンク

DMR-BZT710用純正リモコン

DMR-BZT710の純正リモコンの型番は「N2QAYB000687」で、ネットを検索すれば販売ショップが見つかります。

これを買えば確実です。(あたりまえ)

ただ3千円ほどの価格を見て躊躇しました。

そんな時、目についたのが「QAYB000472」です...

DIGA リモコン QAYB000472

Amazonでは取り扱いがありません。

【QAYB000472の対応機種】
DMR-BR580、DMR-BW680、DMR-BW780、DMR-BW880、DMR-BWT1000、DMR-BWT2000、DMR-T2000R

「QAYB000472」を購入しました。

サービスパーツ扱いなので白箱でした。説明書も付属していません。レコーダーの説明書を見ろということでしょう。

DIGAリモコンの箱

代表機種には「DMR-BR580」と書いてあります。

DMR-BZT710で利用できるか検証

目的はDMR-BZT710を操作することなので、必要な機能がちゃんと使えるか検証していきます。

両リモコンを比較しながら進めます。

DMR-BZT710に付属しているリモコンの品番は「N2QAYB000687」です。

これ以降の画像はすべて、左が今回購入した「N2QAYB000472」で、右がDMR-BZT710のリモコン(N2QAYB000687)です。

DIGA リモコン N2QAYB000472とDMR-BZT710用を比較

全体的なフォルムは同じです。フタを開けると10キーが出てくるのも同じです。

このあとボタンの配置や機能を比較しますが、コメントは注記が無い限り今回購入した「N2QAYB000472」に対してのものです。

例:「○○がありません」と書いてある場合、「N2QAYB000472」にその○○が無いということです。

また、ボタンは  のように枠で囲って表します。

例:電源

上記は電源ボタンのことです。

ボタン比較・上半分

DIGA リモコン N2QAYB000472とDMR-BZT710用のボタンを比較(上半分)

エコ待機がありません。(使ったことが無いので必要度が分かりません)

「サーチ/スロー」に対して「早戻し」など、ボタンの名称に違いがありますが機能は同じでした。

ということで、このエリアはまったく問題ありません。

ボタン比較・下半分

DIGA リモコン N2QAYB000472とDMR-BZT710用のボタンを比較(下半分)

特筆すべきは今は必要なくなった地上アナログボタンが付いていることです。(事実上使えないボタンです)

ネットがありません。

ワンタッチ予約録画がありません。(フタを開けたところに録画があるので、同様の操作が可能です)

主要なボタンとサブメニューがあるので、基本的な操作は困ることはなさそうです。

ボタン比較・フタの中

DIGA リモコン N2QAYB000472とDMR-BZT710用のボタンを比較(フタの中)

ここに録画があるので、ワンタッチ録画の開始ができます。

基本的な操作は問題なし

番組表から番組を選択して録画予約。録画一覧を表示して再生。

レコーダーとしての基本的な機能は問題なく利用できます。

リモコンが反応しない場合

リモコンのボタンを押してもレコーダーが動作しない場合は、DIGAの表示窓を確認してください。

リモコン操作ができないときは、次の画像のように表示されます。

DIGA エラー「U30」リモコンのモード違い

U30はリモコンモードが違っているというエラー表示です。

DMR-BZT710にはリモコンモードが1~6まであり、レコーダー本体とリモコンのそれぞれのモードが一致していないと操作できないようになっています。(これは複数台のDIGAを設置したときに、一斉に反応してしまわないように使い分けるための機能です。)

「U30 2」と表示されている場合、レコーダー本体のリモコンモードが2であることを表します。

リモコン側のモードを2に変更することで、リモコン操作ができるようになります。

リモコンモードの設定方法

フタを開けて数字のボタンを利用します。

16のいずれかを押しながら、決定を3秒以上押し続けます。

今回はリモコンモード 2にしたいので、2を押しながら決定を3秒以上押しました。これでDMR-BZT710が操作できるようになりました。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)