高山観光に行ってきました。おみやげは「手焼きせんべい」と「おちょこさるぼぼ」で!

飛騨高山観光に行ってきました。せんべいの手焼き体験をして、高山ラーメンを食べ、おみやげに「おちょこさるぼぼ」を買うという、短いながらも楽しい時間を過ごせました。

東海北陸自動車道を岐阜各務原インターからのり、飛騨清見インターを目指します。およそ100kmです。岐阜各務原インターに入った時刻は午前8時5分で、飛騨清見インターを出たのは9時22分でした。

高山清見道路を経て、午前10時ごろ高山 古い町並みに到着です。

スポンサーリンク

高山 古い町並み付近の駐車場

観光地だけあって、駐車料金の相場は30分150円とやや高めです。

市営駐車場も30分150円です。観光スポットに近いので利便性は良いです。

高山 市営駐車場

ゆっくり観光したいときは一日の最大料金が設定されている駐車場を探すと良いでしょう。探した限りでは、一日最大1000円が最安でした。

軽自動車専用で一日最大400円

観光スポットからは離れても良いから、もっと安いところはないものかと探して見つけたのが、軽自動車専用で『30分100円/一日最大400円』という格安物件。

高山 古い町並み近くの軽自動車専用駐車場

「値下げしました!」の旗がたなびいています。以前は土日だと最大800円だったようです。50%オフですか思い切った値下げですね。

『パラカ高山市花岡町第1駐車場』です。(住所:高山市花岡町1丁目7番地4)

11台分の駐車スペースがあります。

パラカ高山市花岡町第1駐車場

すごく安いのに空いていました。まあ、古い町並みまでちょっと距離がありますからね。

※この情報は2018年4月22日現在のものです。

高山市内観光へ出発

駐車場から徒歩10分ほどで宮川朝市に到着。

高山 宮川朝市

宮川朝市

朝市と言っても観光地なので、みやげ物や民芸品も多く販売されています。

宮川朝市の出店

店が立ち並ぶ中で息子が目を付けたのが、まぼろしの朝市牛乳『白い命』、1本180円です。

宮川朝市 まぼろしの朝市牛乳「白い命」

お店は「小瀬徳魚店」さんです。

宮川朝市 小瀬徳魚店

まだ、高山観光は始まったばかりなので、いろいろなお店を覗きながらぶらぶらして朝市を後にしました。

福太郎のみだらしだんご

つぎはちょっと移動して「福太郎」でお団子です。

高山の福太郎でお団子を購入

「みたらしだんご」ではなく「みらしだんご」なんですね。

福太郎のメニュー

みだらしだんごは1本70円。

スーパーなどで売られている「みたらしだんご」は甘いとろっとしたタレがかかっていますが、高山の「みたらしだんご」は甘くありません。

醤油ダレを塗って焼いてあります。

福太郎のみだらしだんご

写真を撮る前に食べられてしまいました...

醤油が焼けた香ばしい香りと、とてもやわらかい団子でおいしかったです。

飛騨高山の 福太郎 は明治期の建物を復元し、町家カフェとしてみたらしだんごを始め、こだわり珈琲をご提供しております。

古い町並みを散策します。

高山 古い町並み

高山 古い町並み

途中で見た(見ただけ)、飛騨牛の握りのお店はとても繁盛していました。飛騨牛握りは2貫で700円でした。

高山 飛騨牛握りの店

舩坂酒造店

つぎはお土産を買いに「舩坂酒造店」にやってきました。

高山 舩坂酒造店

舩坂酒造店さんは酒蔵なので、おみやげに「日本酒」といきたいところですが、我が家には日本酒を呑む人はいません。

舩坂酒造店

中庭では、試飲会が開かれていました。

舩坂酒造店の試飲会

日本酒好きの方は、一度足を運んでみてはいかがでしょう。

おちょこさるぼぼ

舩坂酒造店にはお酒以外のおみやげも売っています。

舩坂酒造店 おみやげコーナー

そして数あるおみやげ品の中から、今回のお目当ての品は「おちょこさるぼぼ」。

おちょこさるぼぼ

おちょこを湯船に見立てた感じで、さるぼぼがとても愛らしいです。枡に入ったタイプもあります。

おちょこと枡、1個ずつ購入しました。

おちょこさるぼぼ 枡さるぼぼ

さるぼぼは赤以外にも、青,黄,ゴールドなどがありましたが、やっぱり定番の赤が一番似合いますね。

おちょこさるぼぼは540円、枡さるぼぼは680円でした。

舩坂酒造店 - 飛騨高山・古い町並みにたたずむ酒蔵

手焼きせんべい体験

続いて、せんべい焼き体験ができる「夢工場飛騨」さんにおじゃましました。

高山 せんべい手焼き体験

息子がせんべいを焼いていますが、なかなか様になっています。というのも、せんべい焼き体験は2回目だそうで。中学校の高山研修のときに体験して、楽しかったのでもう一度来たかったとのことでした。

もちろん初めての方でも大丈夫です。お店の方がものすごく丁寧に説明をしてくれます。

焼き串にせんべいを付けて火にかけます。くるくると10回まわしたら、せんべいの向きを付け替えて、またくるくると10回...

と言った感じで、何回も実演してくれます。

焼く前は小さなプラスチックの板のようなせんべいですが、おどろくほど大きくふくらみます。火に近づけすぎると、ふくらむ前に焦げてしまうので、慣れるまではちょっと遠火加減が良さそうです。

息子以外にもお客さんがいらしてました。

夢工場飛騨 店内の様子

店内はすごく広いです。

体験は息子一人でしたが、家族4人とも中に入ることができ見学させてもらえました。

店の奥まで窯が並んでいます。

夢工場飛騨 店内の奥

体験が終わると、お店の方が焼き具合を見て腕前判定をしてくれます。

夢工場飛騨 手焼きせんべい体験認定証

2回目の体験ということもあって、「よくできました」でした。

でも、よくできましたは最高ランクではないので、再度リベンジしたいと願う息子でした...

今回息子が体験したコースは、「あじくらべコース」です。あじくらべコースは、6枚の手焼き体験と2枚のおみやげが付いてきます。

他には8枚の手焼き体験ができる「たっぷり体験コース」があります。

料金はどちらも400円です。

ということで、夢工場飛騨でした。

夢工場飛騨

さて、そろそろお腹もすいてきたので、高山と言えば「高山ラーメン」でしょう。腹ごしらえです。

高山ラーメン 桔梗屋

高山ラーメン 桔梗屋

中華 並 650円

『ザ・中華そば』って感じです。なんだかちょっと懐かしい感じ。奇をてらったものではなく、やさしい味のスープです。

こちらはチャーシュー麺。

チャーシュー麺 桔梗屋

チャーシューとろとろでめちゃ旨です。お値段はちょっとお高くなって1,000円となります。

でもね、せっかく高山まで来たんなら食べる価値ありです。

中華そば 桔梗屋

高山ラーメン 桔梗屋

ちょっと路地の奥まったところにあります。スマホのナビでたどり着きました。

朝10時について、ラーメンを食べ終わって駐車場にもどったのが午後2時でした。もっとゆっくり観光しても良かったのですが、このあと白川郷まで足を延ばしたのでした。

次回は白川郷編をお送りします。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)