Raspberry Pi 2/3用 X68000型プラモデルケースを購入しました【レビュー】

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケース グレー

Raspberry Pi 2/3用のX68000風ケースを購入しました。ラズパイ2,3用と紹介されることが多いですが、もちろん最新の「Raspberry Pi 3 Model B+」でも大丈夫です。

見た目がX68000になるだけで、ワクワクします。

ケースの出来がすごく良いし、ラズパイの収納も絶妙です。外箱から組み立て説明書のデザインまで、x68kへの愛があふれています。

ということで、X68000プラモデルケースのレビューです。

スポンサーリンク

X68000型 Raspberry Pi 2/3用ケース

外箱

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケースの箱

Xのロゴが良いです。

箱の中には、プラモ本体,電源ボタン用アクリルパーツ,デカール,組立説明書が入っています。プラモデルとしては非常にシンプルな物です。

プラモ本体

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケースのパーツ

パーツ数が少なく非常にシンプルです。

電源ボタン用アクリルパーツ

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケースのパワースイッチ

デカール

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケースのデカールシール

X68000のロゴとEXPERTなどの機種名のステッカーが用意されています。僕が持っていたACE HDもありました。

水を使って貼り付ける、ウォータースライドデカールというものです。プラモデルでは良くあるものですが、一般的な台紙から剥がして貼り付けるだけのシールとは違いうので少々慣れが必要です。(偉そうなこと書いてますが素人です...)

組立説明書

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケースの組み立てマニュアル

X68000の取扱説明書のデザインを模した組立説明書が付属しています。

X68000ラズパイケースの組立

まずはパーツを切り出します。パーツが4点しかないのであっという間です。

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケース 組み立て1

ベースにラズベリーパイを差し込みます。

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケース 組み立て2

これは「Raspberry Pi 3 Model B+」を取り付けたところです。画像に赤矢印を付けておきましたが、ラズパイのガイド穴にきちんとあいます。

上蓋をかぶせてみました。

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケース 組み立て3

LAN,USB端子の周りもきっちり収まっています。工作精度が高いです。

続いて前後のパーツを取り付けます。

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケース 組み立て4

これは背面です。こちらの端子の位置がピッタリです。

最後のパーツ、電源ボタンを取り付けます。

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケース 組み立て5

差し込むだけです。でもアクセントが効いてますね。これだけのことでX68000って感じがします。

組立が終わったら、microSDカードを差し込みます。

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケース 組み立て6

組み立てた後もちゃんとmicroSDカードにアクセスできるのも良いです。

完成です。

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケース(グレー)

塗装するか悩んでいるので、ステッカーは現時点では貼りません。

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケース 背面

起動するときはこんな感じです。マウス,キーボードを無線タイプにするとスッキリします。

Raspberry Pi 2/3用 X68000風ケース ケーブル接続

モニタを付けて...

RaspBerryPi x68000

いいね、X68000を手に入れたときの興奮がよみがえるよ。

お値段はちょっと張りますが、持ってるだけでうれしくなります。しかも見た目だけではなくて、ちゃんと中にコンピュータが入っているのも良いです。

さらにラズパイにRetroPieをインストールして、X68000エミュレータを入れてしまえば気分はまさにx68k!

こんな製品を生み出してくれた「ヘルメッツ」に感謝です。


ブラック本体の、X68000XVIタイプも用意されています。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)