Raspberry Pi 3 Model B+を購入しました

Raspberry Pi 3 Model B+

Raspberry Pi 3 Model B+を購入しました。ラズパイ本体だけでは起動できないので、USB電源アダプター,ヒートシンク,microSDカード(32GB)も合わせて購入しています。

ついでにケースも買いました。

X68000の形をした、ラズベリーパイ 2/3用のプラモデルケース MONAC-003 [X68000型 Raspberry Pi 2/3用ケース グレー]です。

(X68kケースが使いたかったがために、ラズパイを買ったというのはここだけの話だ)

ということで特に目的もなくRaspberry Pi 3 Model B+を買ってしましました。行きつくところは、RetroPieでX68kエミュレータを動かすってところになると思っていますが。

スポンサーリンク

Raspberry Pi正規代理店

いざラズパイを購入となったところで、手が止まってしまいました。というのも、いろいろな販売ラインがあるからです。

どの販売業者から買うか...

Amazonを検索してみると色々出てきます。そして価格も評価も、セット構成もまちまちです。これは選べない。

それでも最終的には、Raspberry Piの正規代理店から買うのが安心かなと思い、株式会社ケイエスワイの製品に決めました。

公式サイトRaspberry Pi Shop by KSY

Pi 3B+ Base Kit V1

KSYの製品から選ぶことを決めたので、次は単品かセット品かを決めます。

ラズパイを使用する上で最低限必要なものは、USB電源アダプターとmicroSDカードです。ケースやヒートシンクは使い方次第では無くても問題なさそうです。

microSDカードはどうにでもなるので、USB電源アダプターを優先して考えます。

ラズパイのUSB端子はスマホと同じmicroUSBコネクターなので、スマホ用の充電器が使えそうです。

が、ラズパイを安定動作させるためには、5V 2.5Aが必要なのです。スマホ用は1~2Aの程度のものが多いので、残念ながら我が家には流用できそうなものがありませんでした。

ということでUSB電源アダプターも購入することになりました。

なるべく安心して使えて、お買い得なものを探した結果、キット製品に目が留まりました。

Pi 3B+ Base Kit V1 [RASST3PBAS0001]
キット構成商品
本体:Raspberry Pi 3 Model B+ [137-3331]
電源アダプター:USB電源アダプター 5V/3A 1.5m microUSBコネクター [UU318-0530]
ヒートシンク:Raspberry Piシリーズ用ヒートシンク セット [KSY10071407_506640]

3AのUSB電源アダプターとヒートシンクが付いてきます。

これなら初心者にも安心して使えそうです。

キット内容

Raspberry Pi 3 Model B+ [137-3331]

Raspberry Pi 3 Model B+の箱

Raspberry Pi 3 Model B+の箱を開けたところ

箱の中に入っているのはこれだけです。

Raspberry Pi 3 Model B+

Raspberry Pi 3 Model B+

USB電源アダプター 5V/3A 1.5m microUSBコネクター [UU318-0530]

Raspberry Pi 3 Model B+用USB電源アダプター

株式会社ケイエスワイと書かれています。3Aと余裕もあるので良さそうです。

Raspberry Pi 3 Model B+用USB電源アダプター 5V 3A

Raspberry Piシリーズ用ヒートシンク セット [KSY10071407_506640]

Raspberry Pi 3 Model B+用ヒートシンク

大,小のヒートシンクと、両面テープが付属しています。

ラズパイの動作確認後、貼り付けました。

Raspberry Pi 3 Model B+用ヒートシンク

Raspberry Pi 3 Model B+用microSDカード

ラズパイで使えるmicroSDカードをネットで調べてみると、相性問題があるような記載が見られます。その一方で、きちんとフォーマットを合わせれば、大概のmicroSDカードが使えるというような記事も見つかります。

ラズパイで使えるmicroSDのフォーマットはFAT(FAT16またはFAT32)です。

64GB以上のmicroSDでは、exFATフォーマットになっている可能性があるので、フォーマットツールでFATに変更してあげる必要があります。

一般的にラズパイには16GBもあれば足りるようですが、16GBと32GBの価格差が小さいので32GBを購入することにしました。

32GBなら標準でFAT32フォーマットなので扱いも簡単です。

Samsung microSDカード32GB EVOPlus Class10

Samsung microSDカード32GB EVOPlus Class10

ちゃんと刺さりました。

Raspberry Pi 3 Model B+にmicroSDを挿入

これで必要なものはそろったので、次回はラズパイの動作確認を兼ねて、Raspbianをインストールしてみます。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)