パイオニア ブックシェルフスピーカー S-A3-LRを買いました

中古でパイオニアのスピーカー「S-A3-LR」を購入しました。

ホームシアターのサラウンドスピーカーに使うつもりです。これでシアターの5本のスピーカーが、パイオニアで統一されました。

pioneer S-A3-LRを仮設置

スポンサーリンク

パイオニア S-A3-LR

パイオニア S-A3-LR
形式  ブックシェルフ型
スピーカー構成 2ウェイ方式
ウーファー 13cmコーン型
トゥイーター 2.5cmドーム型
インピーダンス
再生周波数帯域 42Hz~38kHz
出力音圧レベル 86dB/W(1m)
外形寸法 175(W)×388(H)×243(D)mm
質量(1本) 6.4kg
価格(2本1組) 40,000円(税抜)

pioneer S-A3-LR

トゥイーター 1個、ウーファー 1個の小型2ウェイスピーカーです。

定価は2本で4万円とのことなので、新品販売当時なら3万円程度で購入できたのでしょうかね?

価格の割には丁寧に作られていると思います。

S-A3-LRは物自体は悪くないのですが、上にはS-A4-LR,S-A77BSがあって、下にはS-A4SPTがラインナップされています。

しかも安価なS-A4SPTの評判が良かったこともあり、S-A3-LRは中途半端な立ち位置になってしまっています。

それでも1本当たり6.4Kgもあるし、背面も手を抜くことなくしかりした作りになっているので、くどいようですが悪いものではありません。

pioneer S-A3-LRの背面

スピーカー端子はシングルです。

2chステレオ再生

フロントスピーカーとして、CDを再生してみます。

なかなかどうして、いいじゃないですか。

重低音を求めるのでなければ、低音も十分です。

今はメインスピーカーにS-A77TBを使っているのでS-A3-LRに替えるつもりはありませんが、設置スペースが限られる環境であればS-A3-LRもメインスピーカーの候補になりえます。

SX-S30みたいなのを買って、S-A3-LRを接続して音楽を楽しむってのも手軽で良いな。

スペースを取らないし。

サラウンドスピーカーとしてはどうなのか?

S-A3-LRを加えたことで、現在のシアター(サラウンドシステム)のスピーカー構成は以下の通りになりました。

フロントLR:pionner S-A77TB

センター:pionner S-A5C

サラウンドLR:pionner S-A3-LR

サブウーファー:ONKYO SL-D501

サラウンドスピーカーなのでリアに設置することになりますが、設置スペースの関係もありスピーカースタンドを自作しての設置となりました。

pioneer S-A3-LR用自作スピーカースタンド

我が家のシアタールームではこのくらいのサイズのスピーカーが限界ですね。

これまでのサラウンドスピーカーはダイアトーンのDS-103Vです。

DS-103Vはコンパクトだしサラウンドスピーカーとしては優秀です。

交換してみての感想ですが、しょせんサラウンドスピーカーなので絶大な効果というわけにはいきません。(DS-103Vでも特に不満は無かったですからね)

「ちょっと音に厚みがでたかな?」という程度です。

でも、そのちょっとの差を得るのが難しい世界なので、費用対効果(中古価格で)としては及第点でしょう。

スピーカー5本がパイオニアで統一されたので、音色のつながりが良くなったと考えられるかもしれません。

ただしサイズが全く違うので、あくまでも似た傾向のスピーカーが集まったという程度かと思います。

一番の収穫は見た目の統一感かもしれません。

まあ、不満は無いので良しとします。

まとめ

pioneer S-A3-LR

キャビネットに少々傷はありますが、サランネットに破れは無いし、スピーカーユニットの調子も良いので今回の買い物は満足です。

S-A3-LRはサラウンドスピーカーにするのは、もったいないかなという気もします。

普通にミニコンポのスピーカーとして使えます。

将来的にはサラウンドスピーカーをDS-103Vに戻して、S-A3-LRを他でメインスピーカーとして使うということも考えられます。

中古にはなってしまいますが、運がよければかなり安く手に入れることができるので、チャンスがあれば買ってみても良いと思います。

スポンサーリンク
アドセンス(PC)
アドセンス(PC)

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいです
こんな記事も読まれてます
スポンサーリンク
アドセンス(PC)