Thrustmaster T-LCM Pedals【ペダル・レーシングコックピット・レビュー】

Thrustmaster T-LCM Pedals(T-LCMペダル)を購入しました。

金属製ペダルで剛性感ばっちり。

ブレーキペダルはバネ(スプリング)の交換ができるので、好みの踏み心地に調整できます。

バネ交換,ペダルキャリブレーションツールでのセッティングを含めてレビューします。

スポンサーリンク

Thrustmaster T-LCM Pedals

Thrustmaster T300RS,T150用のペダルセットです。

ハンドルコントローラーに付属のものに比べて、高剛性,高精度,高耐久が期待できる製品です。

USBでの接続もできるため、他メーカーのハンコンと合わせて使うこともできます。(PCのみ)

 

Yahoo!ショッピングの「DELE shop」という店舗で購入しました。

購入店 DELE shop(Yahoo!ショッピング) 

T-LCM Pedals以外のThrustmaster製品も同ショップで購入しています。

国内品ではないものの、価格が安くショップ独自の1年保証が付いているからです。

実際に保証を利用したことがあります。
Thrustmaster T300RS GT Editionのペダルから異音が出るようになったため修理に出しました。
事前に1週間程度かかると言われていましたが、すぐに対応していただけました。
送る際の送料はこちら持ち(元払い)になりましたが、きちんと直って返ってきたので保証付きで良かったです。

 

箱でかいです。

Thrustmaster T-LCM_Pedalsの箱

 

箱を開けたら、ネジ穴テンプレートが入っていました。

Thrustmaster T-LCM_Pedals コックピット取り付け用ネジ穴テンプレート

ネジの位置に穴が開けてあるので、コックピットのペダルベースにこのテンプレートを重ねて使うことで簡単に位置決めができます。

我が家のコックピットでは、このテンプレートは使用しませんでした。
現在使用しているハンコン台「AP2 Racing Wheel Stand」では、穴あけ不要で取り付けることができました。

 

正面からです。

Thrustmaster T-LCM_Pedals 正面から

ペダルトップは位置変更できるように、穴が余計に開けてあります。

ブレーキペダルをアクセルペダルに寄せるなどできます。

 

ペダル後方から。

Thrustmaster T-LCM_Pedals 背面から

ブレーキペダルには大きなバネが付いています。

 

ペダル側面

Thrustmaster T-LCM_Pedals ペダル側面

肉抜きされたペダルがメカニカルな雰囲気を醸し出していていいですねぇ。

 

底面です。

Thrustmaster T-LCM_Pedals 底面

コックピットへの固定用のネジ穴は5個あります。

 

T-LCM Pedalsの付属品です。

Thrustmaster T-LCM_Pedalsの付属品

  • ペダルヘッドサポート(ペダル傾き調整用) x 3
  • バネ(白:F10) x 1
  • バネ(赤:F30) x 1
  • スペーサー(赤バネ用) x 2
  • ワッシャー x 5
  • 2.5mm六角レンチ x 1
  • USBケーブル x 1
  • RJ12ケーブル x 1
  • 説明書(日本語あり) x 1

※グレーと黒のバネは本体に取り付けられています。

バネ(スプリング)はブレーキペダルの踏み心地の調整用です。

T-LCM PedalsとT3PAの比較

「T-LCM Pedals」と「T300RS GT Edition Racing Wheel付属のT3PA」を比較します。

Thrustmaster T-LCM_PedalsとThrustmaster T300RS GT Edition Racing Wheel付属のT3PAと比較

大きさはほぼ同じです。

金属パーツの量が大きく違うので、質感,重量とも大きな差となっています。

 

T-LCM Pedalsはペダル全体が金属製なので剛性感が高く、T3PAのときには気になっていた左右へのグラつきがありません。

少々手荒く扱っても大丈夫という安心感があります。

靴(ドライビングシューズ)を履いて踏み込んでも問題なさそうです。

 

T3PAはすべてのペダルがボリューム式(抵抗)のセンサーなので、従来からあるごく普通のペダルです。

T-LCM Pedalsはブレーキペダルにロードセルセンサー、アクセルとクラッチに磁気センサー?を使っているそうです。

 

大きな違いがあるのはブレーキペダルでしょう。

言葉にするのは難しいのですが...

・T3PAは踏み込んだ量によってブレーキの利き具合が決まる

・T-LCM Pedalsは踏み込んだ力の強さでブレーキの利き具合が決まる

という感じでしょうか。

 

ロードセルセンサーは「感圧式のようなもの」と思えばいいのでしょうか?

間違ってたらごめんなさい。

とにかくブレーキペダルはひと味もふた味も違うということです。

コックピットへの取り付け

T-LCM Pedalsは重量があってどっしりしていますが、コックピットへの固定なしではまともに使いこなせないと思います。

 

AP2 Racing Wheel Standへの取り付けになります。

4個のネジ穴が利用できました。

ボルト(M6)は「AP2 Racing Wheel Stand」付属品を使いました。

AP2 Racing Wheel StandへThrustmaster T-LCM_Pedalsを取り付ける

 

ちなみにT-LCM Pedalsのケーブルですが、USB,RJ12の2本とも接続しておきました。(ただしハンコンとPCには同時接続しないでください)

T-LCM_Pedalsに2本ケーブル(USB,RJ12)を接続

通常時はRJ12接続の方が都合がよい(ゲーム内での設定が楽)のですが、キャリブレーションツールを使うに際にUSB接続が必要になります。

 

無事設置できました。

AP2 Racing Wheel StandへのThrustmaster T-LCM_Pedals設置例

金属パーツのおかげで引き締まって見えます。

カコイイ!

 

AP2 Racing Wheel Standについては以下記事をご参照ください。

参考記事 AP2 Racing Wheel Stand(レーシングホイールスタンド)の組み立て方【レビュー】

ファーストインプレッション

とりあえずデフォルトセッティングのまま使ってみます。

バネはグレーと黒がセットされています。

T-LCM Pedalsのデフォルトバネ設定

 

プレイするのはPC版「WRC7」と「DiRT Rally 2.0」です。

レーシングコックピット全景

デフォルトセッティングだとフルブレーキング時、ペダルが底着き(バネが縮み切って軸があたっている状態)します。

底着きしたときは感触があるのでわかります。

ほんの少し踏んだだけではほぼブレーキは始動せず、グーと力を入れていくと一気に制動が得られ、底着きするまで踏み込むとタイヤがロックします。

これ以上ブレーキを踏むとタイヤがロックするなというのがなんとなくですが感覚的にわかります。

「WRC7」と「DiRT Rally 2.0」のどちらをプレイしても似たような感触です。

 

実車の感覚とは違っているんだけどちゃんとブレーキコントロールができているので、これはこれで良いのではないかという評価です。

実車感覚に近づけるなら、まずは底着きしないように調整するべきかなと思います。

T-LCM Pedalsバネ交換

バネの交換には工具は不要です。

ひっかけてあるだけなので、バネを縮めてスッと抜くだけで外せます。

T-LCM Pedalsのバネを交換する(取り外し)

 

付属しているバネは全部で5本です。

白(1個):F10

グレー(1個):F15

黒(1個):F20

赤(2個):F30

赤いF30のものが一番硬いバネなので、白+グレーが一番柔らかく、赤+赤が一番硬いブレーキタッチとなります。

 

バネを硬くしたからといってその分強くペダルを踏まなければならないというわけではありません。

踏む力はペダルキャリブレーションツールで調整すればよいので、ブレーキの踏み心地を重視してバネを選択します。

 

ということで、どうしたら実車の感覚に近くなるか考えながらバネを決めました。

デフォルトの黒を赤に変えて、「グレー+赤」とします。

T-LCM Pedalsのバネ

 

硬い赤バネを使って底着きしにくくします。

そしてキャリブレーションツールで、底着きしない位置でフルブレーキングになるように設定すればよいと考えました。

T-LCM Pedalsのバネをグレー+赤に変更

中央のシルバーのバネは常に取り付けるものです。

説明書によると、バネを交換した際は必ずペダルキャリブレーションツールを実施してくださいとのことです。

T-LCM Pedals ペダルキャリブレーションツール

ペダルキャリブレーションツール「T-LCM Calibration Software (V2.15)」は公式のサポートサイトにてダウンロードしてください。

PDF化されたマニュアルもダウンロードできます。

公式 Thrustmaster T-LCM Pedalsサポートサイト

 

それではペダルキャリブレーションを実施します。

まず、T-LCM PedalsをUSB接続します。

T300RSなどのハンコンとRJ12ケーブルで接続しているなら、事前にハンコン側のRJ12を抜いておいてください。

 

T-LCM Calibration Softwareを起動します。

T-LCM Pedals ペダルキャリブレーションツール

 

ブレーキの踏む力を設定するのは画面下方にある「BRAKE FORCE」です。

デフォルトでは”70”となっていました。

 

他に調整できる項目としては「Deadzone」があります。

これはペダルの遊びになります。

好みで調整してください。

 

ブレーキペダルを踏むと、緑(RAW Values)と紫(Final Values)が変化します。

T-LCM Pedals ペダルキャリブレーションツール(ペダルを踏んだ時)

緑(RAW Values)はペダルを踏んだ力をあらわします。

紫(Final Values)はゲームに渡される値になります。

前述の「BRAKE FORCE」の値を小さくすることで、すこしペダルを踏んだだけでゲーム中では強くブレーキがかかるような設定にできます。

 

キャリブレーションの実施方法としては『緑と紫のグラフを見つつペダルを踏み、最適なBRAKE FORCE値を探す』ということになります。

値が決まったら「Apply」ボタンを押します。

値がT-LCM Pedalsのメモリに保存されます。

 

この記事を作成した時点での結果を記載しておきます。

ペダル/BFDeadzone(下)Deadzone(上)
Clutch2.594.0
Brake4.3なし
Gas(アクセル)2.597.0
BRAKE FORCE=57
その後、BRAKE FORCEを74に変更しています。
BRAKE FORCEを小さくすると繊細なブレーキタッチが必要となってしまうようでコントロールできませんでした。

キャリブレーションツールではちょうど良いところで設定したつもりでしたが、ゲームプレイ中は力が入るのか想定通りにはいきませんでした。

まとめ

価格が価格だけに購入には少々躊躇しました。

T3PAにもそれほど不満があったわけではないですし。

でも結果としてはかなり満足しています。

 

実車とまったく同じ感触という訳にはいきませんが、実車のペダルを扱う感覚で踏み込めます。

荒っぽく踏んでも大丈夫だろうという安心感がとても大きいです。

ブレーキだけでなくアクセルにも同じことがいえるので、ヒール&トゥもばっちり決まります。(うまい、へたは置いといて)

 

 

 

ゲーム
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、
いいねしてくれると嬉しいです!
ゆうぱぱをフォローする
こんな記事も読まれてます
得意なことからコツコツと

コメント

タイトルとURLをコピーしました