当ページのリンクには広告が含まれます

BenQ ZOWIE XL2546Kを購入しました レビュー

PX248 PrimeとXK2546K

ゲーミングモニター BenQ ZOWIE XL2546Kを購入しました。

TN液晶ならではの残像の少ない滑らかな表示で満足度が高いです。

価格が高いのが難点ですが、どうせ買うならコレ!という一品であることは断言できます。

スポンサーリンク

XL2546Kのスペック

サイズ24.5インチ
アスペクト比16:19
解像度(PC)1920 x 1080 at 240Hz
解像度(ゲーム機等)1920 x 1080 at 120Hz for PS5 / Xbox series X
リフレッシュレート240Hz
輝度 320cd/㎡‎
コントラスト比1000:1
パネルTN
入出力端子HDMI 2.0 x3 / DP 1.2 / イヤホン端子
機能DyAc⁺,Black eQualizer,ブルーライト軽減など
付属品S.Switch,アイシールド,DPケーブルなど

XL2546Kの開封、組み立て

箱は大きくて重いです。

取っ手は付いていますが、電車等での持ち帰りは大変だと思います。

BenQ ZOWIE XL2546Kの箱

箱を開けると付属品が入っています。

BenQ ZOWIE XL2546Kの箱を開けたところ

付属品を梱包用の発泡スチロールごと取り除くと、モニター本体があります。

BenQ ZOWIE XL2546K

寝かしたままスタンドを取り付けた方が安全かと思います。

BenQ ZOWIE XL2546Kにモニタースタンドを取り付ける

本体

BenQ ZOWIE XL2546K

裏面にはロゴが入っています。

BenQ ZOWIE XL2546Kの背面

モニターを2台並べて設置するため、アイシールドは取り付けません。

PX248 PrimeとXK2546K

左がPixio PX248 Primeで、右がXL2546Kです。

XL2546Kのレビュー

息子にVALORANTでテストプレイしてもらいました。

ますは、PX248とXL2546Kを同時に表示させます。

同時に表示させる場合、リフレッシュレートは低いほうに合わせることになるので144Hzになります。

同じ144Hzでも、XL2546Kの方が残像が少ないのがわかります。

しかも結構な差があります。

とは言え、PX248はIPS液晶でXL2546KはTN液晶ですので、残像感だけで比較するとPX248の方が分が悪いのは当然です。

視野角、発色に関してはTN液晶はIPS液晶には及ばないので、視野角、発色の良さを捨ててでもTN液晶にする意味があるのかと言うことを実証するための比較です。

先ほども書きましたが、XL2546Kの方が残像が少なく滑らかな表示になります。

実際のところ発色もそれほど悪いわけではないので、TN液晶であってもXL2546Kを選ぶ価値は充分にあると判断します。

次は240Hzを試します。

PX248は144Hzまでしか対応していないので、XL2546Kのみで240Hzを試してみます。

240Hzは圧倒的に滑らかです。

ネットには144Hzと240Hzの違いはわからないという書き込みも見られますが、違いはかわりました。

僕は普段、144Hzまで対応のXL2411Kを使用していますが、240Hzの効果は大きいのでできればXL2546Kを選んだ方が良いかなとも思いました。

発色についてですが、FPS用のモードにすると一見おかしな色になります。

これは正確な色よりも、ターゲットが見やすい、暗い場所でも識別できるなどが優先されるモードだからです。

普段使い用にするならモードを「標準」にして、さらに好みに合わせて調整すれば十分な画質になります。

XL2411Kを先に買って僕が普段使いにしているので、もしストレスがあったらXL2546Kは買わなかったと思います。

パソコン
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、
いいねしてくれると嬉しいです!
ゆうぱぱをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました