プロジェクタースクリーン 90インチワイド「PRS-KBHD90」を取り付けました

ホームシアタースクリーン PRS-KBHD90

壁掛け式のプロジェクター用スクリーンを購入しました。

サンワサプライ製の「PRS-KBHD90」で、サイズは90インチワイドになります。

大画面と言うほどのサイズではありませんが、軽量なので取り扱いが楽です。

スポンサーリンク

PRS-KBHD90について

90インチワイドということで、横幅はおよそ2mになります。

<仕様>
■サイズ:W2099×D28×H1242mm
■スクリーン表示サイズ:1981×1114mm
■アスペクト比:16:9
■対角線サイズ:90型相当
■重量:2.9kg
■材質:マット系

 

安価なスクリーンにしては珍しく黒い枠があります。

 

PRS-KBHD90選んだ理由

  • 軽量
  • 黒い枠
  • 送料込みで1万円程度
  • 部屋のサイズにピッタリ

設置場所を考えると、軽量であるということが絶対条件になります。

 

PRS-KBHD90レビュー

2mを超える大きな箱で届きます。

でも持ち上げてみると、見た目からは想像できないほど軽いです。

PRS-KBHD90の箱

 

では、箱を開けます。

PRS-KBHD90の箱を開けたところ

巻物のような状態です。

軽いので取り出すのは簡単です。

 

取り付用の金具は2カ所に付いています。

PRS-KBHD90金具

 

スクリーンの表面です。

PRS-KBHD90のスクリーン表面拡大

材質にマット系とあったように、少しざらついた感じになっています。

左側の黒いところは、スクリーンの縁部分です。

 

悪くは無いですが、特別良くもなく、価格相応といったところでしょうか。

はい、悪くは無いです。

プロジェクタースクリーン設置について

スクリーンの取付方法についても書いておきます。

カーテンレール取付用の金具を利用しました。

この部屋のカーテンは一般的なカーテンレールではなくパイプ仕様になっています。

カーテンレール

これを利用すれば簡単にスクリーンが設置できる?!

ただ、このままだとパイプの長さが足りません。

 

ということで、既存のパイプを取り外してイレクターパイプに交換しました。

カーテンレールをイレクターパイプに交換

イレクターパイプの長さは250cmです。

 

スクリーン設置の前に...

PRS-KBHD90のパイプの長さを測ります。

PRS-KBHD90の長さを計測

210.8cmくらいでしょうか。

 

で、およそ中央の辺りに印を付けます。(ビニールテープ貼りました)

プロジェクタースクリーンの中央に印を付ける

こうしておくと位置合わせが簡単になります。

 

イレクターパイプにスクリーンを結束バンドで固定して設置完了です。

プロジェクタースクリーンを結束バンドで固定

落下防止のため3本の結束バンドで括り付けています。

 

ぴったり収まりました。

ホームシアター全景

画質について

映りは良いですが、スクリーン自体に少したるみがあるため明るい部屋で使うと少し気になります。

それでも部屋を暗くしてしまえば問題なさそうなのでこのまま使います。

このまま掛けて置いたらシワ消えないかな?

 

画質は申し分ないです。

我が家のプロジェクターはWXGA解像度のエプソン EB-W05なので、スクリーン性能は十分だと思います。

この記事の先頭にある画像は部屋の照明を点灯したまま撮影したものなので、色合いが薄く見えますが実際はハッキリ、クッキリ画質です。

PRS-KBHD90の画質確認

まとめ

黒縁を選んだのは正解でした。

ちょっとしたことだけど映画館ぽい雰囲気になります。

 

プロジェクタースクリーンを導入する場合は、100インチがある意味基準になるかなぁと思います。

キリの良い数字だし、どうせなら100インチを超えたいですよね。

100インチなら巻き取り機能(ロール式)が欲しくなるので、「EEX-PST3-100HDK」がいいなと思いました。

実売2万円前後で評判も良さげなので悩ましいところでしたが、今回設置する場所では持て余しそうだったので諦めました。

 

アンプ,スピーカー,プロジェクター、そしてスクリーン。

ついにホームシアター完成です。

 

ホームシアター
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、
いいねしてくれると嬉しいです!
ゆうぱぱをフォローする
こんな記事も読まれてます
得意なことからコツコツと

コメント

タイトルとURLをコピーしました